宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん)

遺言者が遺言書の本文・名前・日付など全てを自筆にて作成する遺言書。

解説

遺言書の本文・名前・日付など全てを遺言者自身が自筆にて作成する遺言書を自筆証書遺言といいます。自筆証書遺言は原則として全てが遺言者の自筆によって書かれている必要があり、他人によって代筆されていたり、自筆ではない(パソコンを使うなど。一部例外あり)、決められた内容・形式で書かれていないなどの場合は遺言書として無効になる場合があります。

自筆証書遺言の一部は手書きじゃなくてもよい?

自筆証書遺言はその名前の通り、自筆で書く必要があります。自筆で書かれていない場合は遺言書として無効となってしまう場合があります。しかし、パソコンなどの技術が発達した現代において自筆で書くのは非効率であるとも言えます。こうしたことから最近では自筆証書遺言のうち財産目録についてはパソコンで作成してもよいとされるようになりました。財産目録は多くの財産をお持ちの人にとっては自筆で記述するには負担が大きかったため従来に比べて大幅に負担を軽減できるようになりました。

自筆証書遺言保管制度

自筆証書遺言の多くは遺言者によって自宅で保管されている事が多くなっています。しかし、長期間保管している間に自筆証書遺言を紛失してしまったり、遺言者が遺言書の存在を相続人に話していない場合もあるなど自宅での保管には大きな問題がありました。

そこで2020年より自筆証書遺言を法務局にて保管する制度が始まりました。法務局で保管することで自筆証書遺言の紛失を防ぐことができます。また、この制度を利用した場合、自筆証書遺言の検認が不要となるため迅速に遺言を執行できます。

電話をかける(無料) 資料請求