宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

供花(きょうか)

葬儀の際に祭壇や斎場に供えるお花。くげとも。

解説

故人の葬儀において祭壇や斎場にお供えするお花を供花といいます。供花は親族や故人が務めていた会社、加入していた団体などから送られます。一般的に供花は祭壇の左右に飾られます。供花として使われるお花は菊や百合、カーネーションや胡蝶蘭などとなっており色合いは白がベースとなります。

供花の送り方

供花はただ送ればいいというものではなく、供花を送る方法があります。ここでは、供花を送る方法をご紹介します。

供花の注文方法

供花は自分でお花屋さんに注文して送ればいいというわけではありません。斎場や葬儀社によっては斎場や葬儀社指定のお花屋さん以外の供花を受け付けていない場合もありますので注意が必要です。また、供花自体を喪主が取りまとめて葬儀社に注文する場合もあります。

供花を送りたい場合はまずは喪主に供花を送りたい旨を相談しましょう。

喪主が取りまとめて葬儀社に注文しない場合は自分で葬儀を施行する葬儀社、もしくはお花屋さんに依頼して供花を送るようにしましょう。

供花はいつまでに送ればいいのか

供花は通夜の開式までに送るのが一般的です。したがって、供花を送るのであれば通夜当日の正午までには注文をしておく必要があります。注文する時間が遅すぎると間に合わない可能性もありますので、供花を送る際はできるだけ早めに注文するようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求