宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

忌明け(きあけ)

人が亡くなってから四十九日が経過して、忌中が終えたこと指す仏教用語。

解説

忌明けは四十九日・満中陰等とも呼ばれるもので、命日から49日経過し忌中期間を終えた日のことです。また、基本的に忌中は慶事や祭典を主催したり参加することを避けるべきとされています。
また、忌明けに似た言葉に喪明け(もあけ)というものがありますが、これは故人が近親者だった場合に忌中期間を超えて約1年は喪に服するという考えです。
忌明けを迎えるにあたってはいくつかのルールやマナーを守る必要がありますので、下記でご紹介いたします。

忌明けのルールとマナー

祝い事は避ける

忌明けを迎えるまでは、結婚式に代表される祝い事を主催したり参加するのは避けた方が無難です。ただしその決まりも昔ほどきつくはないので、どうしてもという場合には柔軟に対応しましょう。

喪中はがきを出す

故人が仮に近親者の場合は、お正月における新年の挨拶は控えなくてはなりません。また、喪中と知らずに年賀状を送られるのを防ぐために、事前に喪中はがきを出すようにしましょう。

お中元やお歳暮は問題ない

お中元やお歳暮については、忌中・喪中期間に贈ってもいいものかと悩む方もいるかもしれません。しかしながら、これは日ごろの感謝を示すものなので贈ることにはなんら問題ありません。

なお、忌中期間は宗教や地域によって違いがありますので、気を付けてください。

電話をかける(無料) 資料請求