宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

樹木葬(じゅもくそう)

墓石の代わりに樹木を用いる墓地。

解説

一般的なお墓では墓石を用いて故人を供養しますが、墓石の代わりに樹木を用いて故人を供養するものを樹木葬といいます。故人が自然に還るという観点から近年人気になっています。また、墓じまいとして一般的なお墓から樹木葬に改葬される方もいらっしゃいます。

樹木葬については明確な形式があるわけではなく、一人一人に墓標の代わりに樹木を形式や一つの大きな樹木を複数で共有する形式などがあります。また、霊園についても樹木葬専用の霊園や霊園の一部が樹木葬エリアとなっているものなど様々です。樹木葬を選ぶ際には「どういった形式なのか」ということに注意する必要があります。

なお、樹木葬は法律で墓地として認められた場所で行う必要があるため、個人で勝手に樹木葬を行うことはできません。

樹木葬のメリット・デメリット

樹木葬は近年人気になりつつある、新しい形式の供養のかたちです。ここでは樹木葬のメリットとデメリットについてご紹介します。

樹木葬のメリット

樹木葬には様々なメリットがありますが、その中でも最大のメリットは費用が安いこと、承継が不要なことがあげられます。一般的なお墓を新しく作るのに必要な費用は150万円~200万円と言われていますが樹木葬であれば50万円程度で済みます。また、樹木葬の維持管理は全て管理者が行ってくれるためお墓を承継する必要もありません。

樹木葬のデメリット

樹木葬にはメリットがある反面、デメリットもあります。樹木葬の最大のデメリットとしては「親族の理解が得られない可能性がある」ということです。樹木葬は比較的新しい供養の方法のため、親族などの理解が得られず、反対されてしまう可能性もあります。また、樹木葬は最終的には合葬にされることが多いため、この点にも注意が必要です。

電話をかける(無料) 資料請求