宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

斎主(さいしゅ)

神式葬儀において神事を司る人を指す用語。

解説

神式の葬儀において中心となって神事を司る人を斎主といいます。斎主は仏式の葬儀であれば僧侶、カトリックであれば神父、プロテスタントであれば牧師に相当します。神式の葬儀では斎主を中心に副斎主や斎員などが葬儀を執り行います。

神道の葬儀とは

神道の葬儀では通夜祭と葬儀祭と呼ばれる儀式が二日間に渡り行われます。ここでは神道の葬儀について紹介します。

通夜祭

通夜祭は仏式の通夜にあたる儀式です。通夜祭ではまず斎主が祭詞を奏上し、その後参列者が玉串奉奠を行います。通夜祭の最中には、故人の御霊を霊璽(れいじ、仏教における位牌に相当する)に移す遷霊祭を行います。

葬儀祭

葬儀祭では弔辞・弔電の披露や斎主による祭詞奏上、玉串奉奠などを行います。葬儀祭を終えると火葬となります。火葬場に移動したら、火葬場でも斎主による祭詞奏上と玉串奉奠を行い火葬します。

電話をかける(無料) 資料請求