宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

香炉(こうろ)

お香をたくための器具を指す用語。

解説

お香をたくための器具や器を香炉と言います。香炉は仏具の一つであり、ろうそくを立てる燭台、花を供えるための花瓶とあわせて三具足と呼ばれています。一般的な香炉には器の下部に足がついており、祭壇や仏壇などに置いて使うことが前提となっています。また、香炉は金属や陶磁器などで作られています。

なお、お墓などにおいて線香を立てるだけの器具については香立て(こうたて)といいます。

回し焼香の作法

最近では家族葬など小規模なお葬式が増えてきている事から、葬儀場もコンパクトになっているところが増えてきています。こうした葬儀場ではスペースの都合から回し焼香(香炉を参列者で回して着席した状態で焼香すること)が行われる機会が増えています。ここでは回し焼香の作法をご紹介します。

香炉を受け取る

一般的な回し焼香では小さなお盆の上に香炉と抹香が載った状態で回されてきます。自分の番になったら前の人から香炉を受け取る前に軽く会釈をします。

焼香する

香炉を受け取ったら、香炉の前で手を合わせて遺影を見つめながら一礼します。一礼をしたら抹香をつまんで香炉に入れます。抹香を香炉に入れる回数は宗派によって異なるので自分の宗派に合わせて入れます。宗派がわからない場合などは1~2回程度入れましょう。

次の人へ回す

焼香を終えたら遺影に向かって一礼し、香炉を次の人に回します。

自分が最後だった場合

回し焼香で自分が最後の番だった場合は香炉を喪主に渡すようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求