宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

献香(けんこう)

霊前でお香を焚き、供えることを指す用語。

解説

霊前でお香を焚いてお供えすることを献香と言います。献香は「お香の煙のように個人が天に昇れますように」「お香の香りであの世に導かれますように」という願いから始まったものとされています。葬儀などで行われる焼香も献香に含まれます。

宗派による献香の仕方の違い

同じ仏教でも宗派によっては献香の仕方が違います。ここでは献香の仕方を宗派ごとに紹介します。

曹洞宗

曹洞宗では香炉の真ん中に1本だけ線香を立てます。灰が入っていない香炉の場合、特に位置は気にせず1本だけ線香を立てます。

真言宗

真言宗では3本の線香を立てます。特に灰が入っている香炉の場合は正三角形になるように3本の線香を立てます。

浄土宗

浄土宗は曹洞宗と同様に1本だけ線香を立てます。

浄土真宗

浄土真宗では1本の線香を2~3本に折ります。折った線香はまとめて火をつけ、火がついている方が自分から左側になるように香炉に置きます。

電話をかける(無料) 資料請求