宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

月忌(がっき)

月ごとの故人が亡くなった日を指す用語。

解説

月忌とは月ごとで故人が亡くなった命日のことで、逝去後に初めて迎えた月忌は「初月忌」、仏教行事を月ごとに行うことを「月忌法要」呼びます。
月忌と似ている用語としては「祥月命日」というものがありますが、これは故人の亡くなった月・日にちが全く同じ時のとこを指すものなので意味を混同して理解しないようにしましょう。
月忌法要(月忌参り)をする際にはお坊さんを読んで読経をしてもらったり、お墓参りをするのが基本的で、仮にそうした時間が取れないというのであれば自宅に仏壇や手元供養品に向かって手を合わせたり、故人の好物を備えたりするだけでも構いません。
なお、月忌法要でお坊さんを招いた際にはお布施が必要な場合がほとんどですので、準備を怠らないようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求