宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

合掌(がっしょう)

仏教徒に見られる両手を胸の前で合わせる礼拝の仕草。

解説

寺院を参拝する際やお墓詣りをする際に、両手を胸の前で合わせて拝むことを合掌といいます。合掌は仏教徒に見られる特徴的な礼拝の仕草です。合掌はもともとインドが起源とされており、仏の象徴であるとされている右手(清らかなものや知恵を表すとされている)と自身を表す左手(不浄を表すとされている)を合わせることで仏と一体になる(帰依)ことを表すとされています。

仏教徒(特に僧侶)においては挨拶でも合掌することがありますが、それは相手に対して尊敬の念を表すものとなっています。僧侶以外の一般人が挨拶として合掌をするのはタイなど一部の地域のみとなっており、日本では合掌は何かをお願いする際や謝罪する際などにも使われています。

合掌の種類

合掌にはいくつかの種類があります。堅実心合掌は普段私たちが日常生活でする手のひらをピッタリと合わせた合掌です。虚心合掌は手のひらを合わせるのですが堅実心合掌に比べると少しだけ空間を開ける合掌になります。金剛合掌は指先を少しだけ開いて交互に少しだけ組むようにする合掌です。金剛合掌は強い仏への帰依を表すとされ、主に僧侶が行う合掌です。

電話をかける(無料) 資料請求