宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

仮通夜(かりつや)

故人が亡くなった当日に行われる通夜を指す用語。

解説

故人が亡くなった当日に親族だけで行われる通夜を仮通夜と言います。仮通夜では故人と家族が最後に一緒に過ごす時間であるとされ、特別な儀式などは行われませんが僧侶による読経などが行われる場合があります。仮通夜は親族だけのものになりますので一般の弔問客は基本的に受け付けていません。仮通夜へ弔問をするのはマナー違反となります。

近年では仮通夜は省略させることが多くなっており、ほとんどの場合では一般的な葬儀のみ執り行われます。なお、一般的な通夜は仮通夜に対して本通夜と呼ばれるものになります。

なお、通夜は略喪服を着用するのが一般的ですが仮通夜では地味な色の服装であれば、喪服を着用する必要はありません。派手な服装にならないようにだけ注意しましょう。また、葬儀や本通夜に参加できない場合は仮通夜で香典を持参するようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求