宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

献花(けんか)

主にキリスト教の葬儀で行われる故人に花を手向けることを指す用語。または、その花自体を指す。

解説

キリスト教の葬儀ではカトリックでもプロテスタントでも故人に対して花を手向けます。これを献花といい、仏式のお葬式でいう焼香と同じようなものになります。献花には茎が長くて白い花が使われます。特に菊やカーネーションなどが使われることが多くなっています。

なお、献花は仏式の葬儀や無宗教の葬儀で行われる場合もあります。

カトリックでの献花の作法

ここではキリスト教の教派の中でも最大であるカトリックでの献花の作法をご紹介します。カトリックとプロテスタントでは献花の作法やタイミングなどが異なるので注意してください。

カトリックにおける献花の作法
・自分の番が回ってきたら祭壇へ進みます。
・係の人から花を受け取ります。この時、花の部分が右手にくるようにしながら両手で花を受け取ります。
・花を受け取ったら祭壇に向かって一礼します。
・祭壇に茎がくるように花を時計回りに90度回します。
・左手の甲を下に向け、茎の下を右手で添えるようにして献花台に置きます。
・深く一礼します。
・献花を終えた後は遺族、神父に一礼してから席に戻ります。

電話をかける(無料) 資料請求