宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

戒名(かいみょう)

仏弟子となる証として故人に送られる名前を指す用語。

解説

本来の戒名は、出家して仏教の僧になった人に授けられる名前を指していました。かつての名前である「俗名」を捨て去ることで、仏教の規律である「戒律」を守る証としたのです。したがって、故人に戒名をつける習慣は、日本独特のものであると理解しておかなければなりません。
日本で故人に戒名をつけるのは、死後に仏弟子となることで、極楽浄土に行きやすくなりますようにという願いが込められています。本来仏教にこのような教えはないのですが、平安時代の貴族の間では「出家すれば極楽に行けるはず」という考え方が広まり、死期が近づくと出家する人が増えました。それがやがて、死後に戒名をつける風習に変じ、庶民にも広まったと推測されているのです。つまり、仏教を信仰していないのなら、戒名をつける必要はありません。
逆に、それほど熱心な信徒でなくても、仏式で葬儀を挙げたのであれば自然につける流れになるでしょう。菩提寺に先祖代々のお墓があるような場合も、お寺との関係性を考慮してつけるケースが多いと思われます。このように戒名を付けるメリットとデメリットもあります。
なお、戒名に掛かる費用相場としては戒名のランクにもよりますが平均30万~50万程度と言われています。

電話をかける(無料) 資料請求