宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

散骨(さんこつ)

細かく砕いた故人の遺骨を海や山などに撒くことを指す用語。

解説

故人の遺骨を細かく砕いて海や山などに撒くことを散骨と言います。近年では「故人を自然に還す」という観点や「お墓を継ぐ人がいない」「子供や孫に供養の負担をかけたくない」「お墓に比べると費用を抑えられる」という点から選ばれる人が増えています。また、墓じまいに伴い散骨する人も増加傾向にあります。

散骨については明確な法規制などはなく常識の範囲内でマナーを守れば誰でも行えます。しかし、散骨の場所や方法などによってはトラブルになる可能性も高く、一部地域では条例によって散骨が禁止されている場所もある為、注意が必要です。

散骨のマナー

散骨については明確な法規制などがなく、常識の範囲内でマナーを守れば誰でも行えます。しかし、散骨には守らなければならないマナーなどもあります。マナーを守らず散骨をしてしまうとトラブルになる可能性もあるため注意が必要です。ここでは守るべき散骨のマナーをご紹介します。

散骨場所に注意する

散骨は法規制がないからといって、どこでも自由にしていいわけではありません。北海道の長沼町や静岡県熱海市などでは条例によって散骨が禁止されています。また、海洋散骨する場合は漁場や養殖場などもトラブルの原因となるため、避けるべきです。海洋散骨については専門業者もありますので、依頼するのも一つの手段です。

さらに、私有地での散骨についても避けるべきです。散骨を行ったことによって風評被害が生じてしまったり、地価下がってしまった場合などにおいて損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。山林など国有地についても勝手に散骨するとトラブルになる可能性があります。

散骨を行う場合は、散骨を行う予定の土地所有者や管理者に事前に確認をして承諾を得るようにしましょう。

必ず粉骨する

遺骨を粉末状にせずにそのまま撒くのもマナー違反になります。遺骨をそのまま撒くと何かの事件として勘違いされてしまう可能性もありますし、場合によっては法律によって罰せられる可能性もあります。散骨を行う際には必ず粉骨しましょう。

有害物質を無害化する

遺骨には有害物質が含まれています。有害物質が含まれたままの遺骨を散骨してしまうと環境汚染の原因になるほか、撒いた際に自身の健康を脅かしてしまう可能性もあります。こうしたことから、散骨する際には必ず遺骨を無害化しましょう。一般的に粉骨を代行する業者であれば遺骨の無害化を行ってくれます。

電話をかける(無料) 資料請求