宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

前夜祭(ぜんやさい)

キリスト教のプロテスタントにおいて葬儀の前日に行われる儀式。仏式における通夜。

解説

キリスト教の教派の一つであるプロテスタントでは葬儀の前日に前夜祭とよばれる儀式を行います。前夜祭は仏式でいう通夜のようなもので「故人をしのぶ」という意味合いが強いものになっています。前夜祭では讃美歌の合唱、聖書の朗読、神父による説法などが執り行われます。

前夜祭でのマナー

プロテスタントを信仰している人は日本では少ないため、プロテスタントの葬儀に参列した経験のある人は少ないかもしれません。プロテスタントの葬儀では仏式の葬儀に比べるといくつか注意しなければいけないマナーがあります。ここではそのマナーを紹介します。

讃美歌や聖書の朗読は出来る限り行う

前夜祭では参列者によって讃美歌を合唱したり、聖書を朗読する機会があります。普段からプロテスタントを信仰していない人にとっては讃美歌や聖書について全く知らないという人もいるかもしれません。その場合でも歌詞カードや聖書が用意されているのであれば、それらを見ながら讃美歌を歌ったり、聖書を朗読するようにしましょう。

「お悔やみ申し上げます」はダメ

仏式の通夜では遺族に対して「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈り申し上げます」などの言葉をかけるのが一般的ですが、プロテスタントではこうした言葉は使いません。プロテスタントでは「死によって神のそばにいける。死は不幸なものではない。」という考えがあるため、「お悔やみ」や「ご冥福」といった死を不幸と捉える言葉を使うのは避けるようにしましょう。

例えば、「イエス様のお慰めがありますように。」「安らかな眠りをお祈りいたします。」という言葉をかけるのが適切であるとされています。

電話をかける(無料) 資料請求