宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

開眼供養(かいがんくよう)

新しいお墓や仏壇を設置した際に行われる魂を入れる儀式。魂入れ(たまいれ)とも。

解説

開眼供養は新しく、お墓や仏壇を設置した際に行われる儀式です。開眼供養を行うことでお墓や仏像に魂が入り、宗教的な意味を持つものになるとされています。開眼供養は僧侶によって執り行われます。なお、お墓の開眼供養については納骨式と一緒に行われる場合が多くなっています。

開眼供養は改葬する場合や仏壇などを移動させる場合にも行われます。なお、改葬や仏壇などを移動させる場合は、移動前に閉眼供養とよばれる魂を抜き取り鎮める儀式を行う必要があります。

電話をかける(無料) 資料請求