宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

お棺(おひつぎ)

納棺してから火葬するまで、遺体を収めるための箱を指す用語。

解説

お棺とは遺体を収めるための箱のことです。お柩・棺桶と呼ばれることもありますが、それらの意味合いは全て変わりませんが、一般的にはお棺と呼ぶ人が多いようです。
また、お棺は材質や形によって種類が豊富に用意されています。

お棺の材質による違い

木棺

木棺のメジャーどころの一つとして挙げられるのが木棺です。素材にヒノキや桐といった天然の木材を使用しています。

布棺・布張棺

木棺の表面を布で覆うことにより鮮やかに棺を見せることができるのが木棺・布張棺です。最近では木棺よりもこちらを選ぶ方の方が多いようです。

お棺の種類による違い

箱型

蓋部分が平らになっており長方形の形をしたお棺です。表面に飾りが少ないことからシンプル目のお棺にしたい方はこちらを選ばれます。

山形

箱型に比べ、蓋部分が山のように盛り上がっているタイプが山形です。装飾をすることもできます。

かまぼこ型

山形に少し似ていますが、蓋部分が曲線状になっています。ちょうど見た目がかまぼこのようになっていることから名付けられました。

お棺は人の体に合わせて選ぶ必要があるため、まずは遺体のサイズに合ったお棺を選びましょう。その上で材質・形状・デザインといった要素を基に目的に合わせたお棺を探してみてください。
また、納棺時には火葬するために入れてはいけないものもありますので、その点には注意してください。

電話をかける(無料) 資料請求