宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

お盆(おぼん)

故人や先祖をあの世からお迎えして祀る行事を指す用語。

解説

お盆は7・8月の夏の時期に祖先の霊をおもてなしする行事であり、正しくは盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。その他にも「盆会」「精霊会」等と呼ぶ地域もあります。
基本的には8月13日~16日までがお盆の期間であり、この時期はちょうどお盆休みとして休暇をとる方が大半なのではないでしょうか。供養方法としては以下のようにするのが一般的とされています。

お盆での供養方法

飾りつけが重要

お盆では盆棚や精霊棚と呼ばれる飾りつけが重要になってきます。無難な方法としては、まずは仏壇の前に机を用意して真菰(まこも)の敷物を敷き、その中央に位牌を設置し、供物や故人の好物等を並べてください。後はその脇に盆提灯置き灯りを灯すこともあります。

きゅうりとなすの供物を準備する

飾りつけに供物を並べると書きましたが、きゅうりとなすでできた供物はぜひ準備してください。馬と牛に見立てて作られるそれは、ご先祖にとってあの世との行き来をするための乗り物なので、これがなければ故人や祖先は現世に来ることも、あの世に帰ることもできません。馬の形は迎える時に、牛の形は帰るときにそれぞれ用意してください。

迎え火と送り火をする

きゅうりとなすの供物と共に、ご先祖を迎えるときには「迎え火」、ご先祖を送るときには「送り火」を玄関前でしましょう。

なお、永代供養をした時にはお盆に供養をしてもいいのか?という疑問を抱く人もいますが、供養することにはなにも問題はありません。

電話をかける(無料) 資料請求