宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

檀家(だんか)

お寺を支える人や家を指す用語。また、お寺を人々や家で支えるというその制度そのものを表す。

解説

檀家とはお寺を金銭的に支える人や家族を指します。また、「お寺を金銭的に支える」とい制度そのものを檀家制度と呼びます。お寺の檀家になると葬儀は檀家となったお寺の僧侶によって執り行われます。また、お寺によってはお寺が管理する檀家専用墓地も用意されており、葬儀の後はこの墓地に安置されることになります。

檀家となるとお布施としてお寺や僧侶をサポートするために寄付を行います。また、お寺の修復等においてもお布施として寄付を行います。

近年では檀家の高齢化や宗教観の変化などによって檀家は減少しており、お寺によっては十分なお布施を集めることができず、お寺の維持管理が難しくなっているという問題が発生しています。

電話をかける(無料) 資料請求