宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

音楽葬(おんがくそう)

故人が生前好きだった音楽を流すなど、音楽を中心とした葬儀を指す用語。自由葬の一種。

解説

音楽葬は自由葬の一種で、故人の好きだった音楽を流すなど音楽を中心とした葬儀です。例えば、音楽葬では葬儀の最中に生演奏を行ったり、参列者で合唱するなどを行います。音楽葬は特徴的な葬儀のため参列者の印象に残りやすく、遺族にとってもグリーフケアの観点からすると有用な葬儀ですが、新しい形の葬儀のため、親族などから理解が得られないというデメリットもあります。また、一般的な仏式の葬儀では式次第に組み込むのが難しいという点から、音楽葬は無宗教形式の葬儀として行われることがほとんどです。

音楽葬を行う上で注意すること

音楽が好きだった故人を音楽で送りたいという理由で音楽葬を考える人が増えていますが、音楽葬にはいくつか注意しなければいけない点があります。ここではその一部をご紹介します。

遺族の理解を得られないかもしれない

音楽葬は比較的新しい葬儀のかたちです。また、基本的には無宗教形式の葬儀となるため、僧侶の読経などが行われません。こうしたことから、親族の方などから理解を得られなかったり、反対されてしまう可能性があります。

会場によっては対応できない

音楽葬において生演奏を行うにはある程度に広さが必要になります。会場によってはスペースが確保できないことから音楽葬を行えない場合もあります。また、近隣に住宅があるような会場では大きな音を出すとクレームになる可能性もあり、音楽葬を受け付けていない場合もあります。

著作権への注意が必要

音楽には著作権があります。権利者の許諾を得ずに音楽を流したり、演奏してしまうと著作権を侵害してしまうことになります。著作権には注意するようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求