宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

お膳料(おぜんりょう)

法事・法要の時に僧侶に渡される、食事の代金を指す用語。

解説

お膳料は法事・法要の際に僧侶に渡される、食事の代金のことを意味しています。一般的に法事・法要には、お斎と呼ばれる参列者や僧侶を招いての会食が設けられることがほとんどです。しかしながら、お斎は僧侶にとって出席が必須というわけではないので、都合によってはお誘いをしても断られることもあります。そうした時に食事の代わりとして渡されるのがお膳料です。
また、僧侶都合によるものでなく、主催者(喪主・施主)側の都合によってお斎を省略する場合にも、お膳料はお渡しする必要がありますので注意が必要です。
渡し方や相場については下記をご確認ください。

お膳料の渡し方

封筒は必須

お膳料は白い封筒に入れて僧侶に渡すのがマナーとされています。また、白封筒を売られている場面は量販店で多く見受けられますが、二重になっているものは避けるようにしましょう。これは二重になっていることによって繰り返すことをイメージさせてしまうからです。
また、相場は5,000~20,000程度と言われており、どの場所でお斎をするかによって金額は変わります。

手渡しはNG

お膳料は白封筒に入れてそのまま手渡しすることはよくないとされています。そのため切手盆や袱紗の上に載せて渡すようにしましょう。

タイミングが重要

お膳料は僧侶が退出するタイミングで渡しましょう。渡すときは両手でお膳料の文字が見えるようにするマナーも忘れないでください。

電話をかける(無料) 資料請求