宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

エンディングノート

万が一に備えて、大切な人へのメッセージや葬儀の希望、財産についてなど自分の死後について記したノート。

解説

エンディングノートは自分の死後に備えて大切な人へのメッセージや葬儀の希望、財産の扱いなどについて書いておくノートです。エンディングノートを書いておくことで自分の死後に家族などが混乱することなく、葬儀などを円滑に執り行えます。

エンディングノートは自由な形式で書くことができるため、終活や自分の人生を振り返ることを兼ねて書く人が最近増えてきています。

なお、エンディングノートには遺言書と異なり法的拘束力がありません。財産に関することなどが書かれていても法的拘束力がないため、必ずしも自分の希望通りにならない場合もあります。「絶対にこうしたい」という希望がある人はエンディングノートではなく法的拘束力を持つ遺言書を書くようにしましょう。

エンディングノートに書くこと

エンディングノートは自由な形式で書くことができるため、何を書けばいいかわからないという人も多いと思います。ここではエンディングノートに書いておいた方がいい内容を紹介します。

葬儀・お墓について

「葬儀は家族だけで行って欲しい」「遺骨は海洋散骨して欲しい」など葬儀やお墓に関する希望を書いておきます。近年ではお墓を継ぐ人も少ないため、特に大切な項目です。

相続について

遺産相続は遺族間のトラブルや混乱の原因にもなりますので、しっかりと書いておくようにしましょう。ただし、エンディングノートは法的拘束力がないため、絶対に希望通りにしたいのであれば遺言書を書くようにしましょう。

貴重品について

遺言書、通帳、土地の権利書など貴重品の保管場所を書いておきましょう。貴重品を探すのは遺族にとっても大きな負担となりますので書いておくのがおすすめです。

私物について

自分の洋服や趣味に関する物品などがあれば扱いについて書いておきましょう。遺族にとっては私物の扱いに困ることも多く、あらかじめ扱い方を記しておけば負担を軽減できます。

延命治療について

病状や状況によっては長期間意識が戻らないという可能性もあります。こうした場合に備えて延命治療の可否についても書いておきましょう。

友人などの連絡先について

訃報を知らせたい友人などの連絡先を書いておきましょう。連絡先を書いておけば、遺族が連絡先を探す手間を省くことができます。

電話をかける(無料) 資料請求