宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

魂抜き(たましいぬき)

お墓や仏壇を新しくする際や移動させる際に、故人の魂を抜き取る儀式。閉眼供養とも。

解説

魂抜きは閉眼供養とも言われる儀式で、お墓や仏壇などを新しくする際に古いものから故人の魂を抜き取り鎮める儀式です。僧侶によって執り行われます。一方で新しいお墓や仏壇に故人の魂を入れる儀式を魂入れ(開眼供養)と言います。

仏壇やお墓などを魂抜きをせずに動かしたり処分してしまうことは禁忌とされています。こうしたことから魂抜きは仏壇を新しくするのではなく移動させる際にも必要であるとされています。もちろん、仏壇を移動させた後は再び仏壇に魂を入れる魂入れが必要となります。

電話をかける(無料) 資料請求