宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

自然葬(しぜんそう)

海や山、樹木、宇宙など自然に回帰する葬儀や供養を指す用語。

解説

自然葬は海洋散骨や宇宙葬、樹木葬などのように自然に回帰するような葬儀や供養を指します。自然葬というと葬儀を思い浮かべる人も多いかもしれませんが基本的には葬儀の後の供養の仕方を表す言葉になります。「自然に回帰する」という理由で自然葬を選ぶ方が多いのですが、最近ではお墓を継ぐ子孫がいない、お墓を継ぐ負担を負わせたくないといったことから自然葬を選ぶ方も増えています。

自然葬の種類について

自然葬にはいくつかの種類があります。ここでは代表的なものをご紹介します。

樹木葬

樹木葬は墓石の代わりに、樹木を用いる供養の方法です。樹木を用いるので墓石を用意する必要がなく、費用を抑えることができます。また、樹木葬は永代供養と併せて申し込める場合が多く、将来供養する子孫がいない方からも人気の自然葬となっています。

海洋散骨

海洋散骨は海に散骨する供養の方法です。故人が海が好きだったなどという理由から選ばれる方や、海を見ればいつでも故人に想いを馳せることができるという点で選ばれている自然葬です。樹木葬と同様、墓石を必要としないので費用を抑えることができます。ただし、勝手に海洋散骨してしまうと思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあるため、専門業者に依頼するなど事前にしっかりと準備をする必要があります。

宇宙葬

遺骨をロケットに搭載して宇宙空間に打ち上げて散骨する供養の方法です。かなり趣味性の高い供養の方法ですが、故人が宇宙を好きだったり宇宙に憧れていた方にはピッタリです。ただし、ロケットを使って宇宙空間まで遺骨を運ぶので費用が高額となります。

電話をかける(無料) 資料請求