宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

打敷き(うちしき)

仏壇に飾る荘厳具の一種を指す用語。

解説

打敷きは主に仏壇における荘厳具の一種として、金織で煌びやかに織られている敷物のことを言いますが、仏教寺院などでも仏像を飾り付けるために使われることもあります。
また、打敷きは大きく2種類に分類されます。1つ目が三角打敷きと呼ばれる逆三角形のもので、2つ目が四角打敷きという長方形のものです。
宗派や季節によって使い分けをするものでもあるため、下記で状況別にご紹介いたします。

打敷きの使い分け

宗派による違い

宗派によって使用する打敷きは変わります。例えば浄土真宗では三角打敷きを使用することが大半なのですが、宗紋を入れるときには本願寺派であれば「下り藤」、大谷派なら「八つ藤」という具合です。また、浄土真宗以外では四角打敷きを使用するとよいでしょう。

季節による違い

季節によっても打敷きは変化します。6月から9月くらいまでの夏であれば、白や青に代表される薄地の涼やかな打敷きで、10月から5月くらいまでは、夏と比べると厚みのある生地を使用して朱・金といった色合いの打敷きが選ばれます。

電話をかける(無料) 資料請求