宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

一日葬(いちにちそう)

通常の葬儀が二日にわたって通夜と葬儀をするのに対し、一日で通夜を行い告別式だけをする用語。

解説

一般葬では二日にわたって通夜と葬儀をしますが、一日葬は身内だけで内々に通夜を行い、告別式だけをします。葬儀の費用を抑えたい場合や火葬だけでは物足りないと感じる場合に、選ばれることが少なくありません。故人の希望によって、残された家族の負担を減らすために選ばれることもあるでしょう。小さな会場を借りて少人数で一日葬をすることが一般的なため、一般葬をする場合に比べると費用を抑えられるところや、通夜がない分、自宅や安置所で故人と過ごす時間をゆっくりととれることがメリットです。
しかし、通夜にかかる手間を減らせるとはいっても、告別式の内容について話し合う時間は必要です。一日で全てを完了できるわけではなく、前日あるいは前々日から準備が始まると考えておきましょう。
一日葬の流れは以下です。

一日葬の流れ

安置する

一日葬をする場合、まずは自宅あるいは安置所に遺体を搬送する必要があります。

告別式会場に搬送する

安置後、一般葬の場合は納棺後に通夜の開始前に会場へ搬送しますが、一日葬は告別式会場に遺体を搬送します。

告別式を行う

一日葬で行われる告別式は一般葬となんら違いはありません。そのため「僧侶による読経→焼香→弔電の紹介→閉式の挨拶→出棺」という流れで行われます。

火葬する

告別式後には火葬場に移動して火葬を行います。なお、火葬場へは近親者のみが同行しますが、一日葬は身内やごく親しい友人だけを招いて行われることが多いため、全員が火葬場へ移動することが珍しくありません。

電話をかける(無料) 資料請求