宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

一膳飯(いちぜんめし)

安置時の枕飾りのひとつであり、茶わん一杯を意味する用語。

解説

一膳飯とは、別名一杯飯や枕飯と呼ばれており、茶わんに一杯分のご飯を盛って中心にお箸を立てる作法があります。
また、枕飾りとしての一膳飯においてお箸を立てるのは、故人が浄土に向かうことを望むことを表現するためです。一膳飯の作り方は以下です。

一膳飯の作り方

白米を炊く

一膳飯にはなによりも白米が必須です。量としては一合あれば十分とされていますが、炊きあがったお米は故人のためのものなので、生きている人間が食べないようにしてください。また、炊きあがったお米は全て使用してください。

お茶碗に盛り付ける

一膳飯を作るときには2つ茶わんを用意できると便利です。理由としてはそれぞれの茶わんにご飯をよそった後、2つを合わせると綺麗な形の一膳飯が簡単に完成するからです。

お箸を立てる

一膳飯のベースが整ったら、その中央に一本あるいは二本の箸を突き立ててください。なお、立て方には地域差があるため準備を任された際には事前に確認しておくのがよいでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求