宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「よくある質問」ページ

よくある質問

お問い合わせ〜
事前準備について

  • カスタマーセンターの受付時間は、いつですか?

    急なご不幸の際は、病院や施設から安置場所に遺体を搬送するなど、早急な手配が必要となります。「お坊さんのいないお葬式」カスタマーセンターでは、24時間365日いつでも迅速かつ丁寧に対応し、お客様のご要望にお応えすることが可能です。

    お坊さんのいないお葬式カスタマーセンター
    24時間365日対応 通話無料 0120-096-000
  • 遺体を自宅に安置する場合に、準備すべきものはありますか?

    ご自宅には、故人様を安置する敷布団のみを準備ください。その他に必要な物は、搬送スタッフが持参いたします。

  • 遺体の状態が悪い場合は、どのような対応をしてもらえますか?

    まずは、搬送スタッフまたは担当ディレクターが遺体の状態を確認し、処置の可否を判断いたします。エンバーミングなどの特殊処置が必要な場合は、別途料金にて施術することが可能です。

  • 病院から葬儀場に向かう際、自宅に立寄ってもらうことはできますか?

    ご自宅と病院、葬儀場との位置関係によって異なりますが、「お坊さんのいないお葬式」では、病院から葬儀場に向かう際に、ご自宅で立寄ることが可能です。
    なお、搬送距離が50㎞を超える場合は、10km毎に5,000円(税別)にて、超過料金が発生いたします。

  • 「お坊さんのいないお葬式」に掲載されている中から自分達で葬儀社を選ぶことはできますか?

    「お坊さんのいないお葬式」に掲載されている葬儀社であれば、お客様に選定いただくことが可能です。
    ※ご依頼条件によっては承れない場合がございますので、「お坊さんのいないお葬式」カスタマーセンターにご確認ください。

  • 葬儀の日程は、どのように決めれば良いですか?

    法律により、死後24時間経過していないと火葬をおこなえないことに加え、暦における「友引」は、火葬場が休館日であることが多いため、配慮が必要となります。
    また、希望する葬儀場の予約状況を考慮した上で葬儀の日程を決定いただきます。

  • 亡くなってから、いつまでに葬儀を執りおこなうべきですか?

    亡くなってから葬儀までの期間は、法律による定めはありませんが、時間の超過とともに遺体の腐敗が進み、衛生面上の問題が発生するため、長期間の安置はお勧めしません。
    なお、特別な事情により葬儀が先延ばしとなる場合は、先に火葬をおこない、後日「骨葬」を執りおこなうことも可能です。

  • 葬儀場・火葬場は、どのように選定されますか?

    「お坊さんのいないお葬式」は、お住まいのエリアや参列者の人数など、お客様のご要望に適した葬儀場を選定し、案内いたします。また、火葬場は、故人様や血縁者の住民登録に基づく市町村内の火葬場を案内いたします。

  • 遺影やメモリアルムービー等で使用する写真は、どのように選べば良いですか?

    遺影に使用する写真は、故人様が大きく鮮明に写っているものをお選びください。すでに現像された写真をスキャンして使用する場合は、故人様のお顔が大人の親指ほどの大きさで、ピントが合っているものであれば、遺影を制作することが可能です。また、メモリアルムービー等に使用する写真は、さまざまな年代のものを15〜30枚程度ご用意いただくことをお勧めいたします。
    なお、メモリアルムービー等の場合は、故人様以外の方が写っているものでも使用することが可能です。

  • 遺体は、どこに安置すれば良いですか?

    遺体の安置場所は、葬儀場の安置室またはご自宅のどちらかをお選びいただくことが可能です。

  • 葬儀を手配する際は、事前にどのような手続きが必要ですか?

    基本的に事前の手続きはありません。
    ご不幸が発生したら、まずは、「お坊さんのいないお葬式」に連絡ください。その後の手続きや段取り関するご案内を、丁寧にご案内いたします。

  • 死亡届の提出は、どのようにおこなえば良いですか?

    死亡の事実を知った日から七日以内に、ご逝去された場所や故人様・届出人の現住所を所管する役所窓口にて、故人様の氏名・死亡日などを記入した死亡届を提出してください。その際は、死亡診断書または検案書をあわせて提出してください。

  • 火葬許可証等の申請は代行してもらえますか?

    火葬許可証の申請や死亡届の提出は原則、葬儀場スタッフが代行いたします。現住所や管轄の役所によっては、ご利用者様ご自身によるお手続きが必要な場合がございますが、書類の書き方や届出方法については、葬儀場スタッフよりご案内させて頂きますのでご安心ください。

  • 葬儀場に遺族が宿泊することはできますか?

    葬儀場によっては、宿泊いただけない場合があるため、お問い合わせの際にご相談ください。「お坊さんのいないお葬式」カスタマーセンターが宿泊の可否や宿泊人数を考慮の上、葬儀場をご案内いたします。

想送式・葬儀について

  • 一般的な葬儀と想送式との違いは何ですか?

    一般的な葬儀と想送式の大きな違いは、読経(仏式)や祭詞(神式)などの宗教儀式をおこなわないことです。「お坊さんのいないお葬式」が執りおこなう想送式は、故人様の写真を使用した動画上映や、手紙を読み上げるなど、故人様やご遺族のこだわりあふれる葬儀内容を自由に選択いただくことが可能です。

    これまでの葬儀との違いについて
  • 骨葬を執りおこなうことはできますか?

    「お坊さんのいないお葬式」では、葬儀の前に火葬をおこなう「骨葬」をおこなうことが可能です。これから火葬をおこなう場合は、ご自宅や病院、施設から火葬場へ出棺の後、搬送いたします。すでに火葬が完了している場合は、葬儀の打ち合わせをおこないます。

  • 火葬場に霊柩車で向かう際は、自宅や公園など思い出の場所を通ってもらうことはできますか?

    「お坊さんのいないお葬式」では、霊柩車にて火葬場に向かう際に、故人様との思い出の場所を経由することが可能です。
    なお、火葬場の予約状況やスケジュール、葬儀場から火葬場までの経路によって、対応できない場合もあるため、打ち合わせの際にご相談ください。搬送距離が50kmを超える場合は、10km毎に5,000円(税別)にて超過料金が発生いたします。

  • 家族以外が葬儀に参列することはできますか?

    ご遺族が「参列辞退」を希望されていない限り、親戚や友人の方にも参列いただくことが可能です。

  • 葬儀に参列する人数の目安はありますか?

    参列者の人数制限はありません。想定される参列者数をご相談いただけましたら適切な葬儀場をご案内いたします。

  • 棺に入れられないものはありますか?

    規定は、各自治体によって異なりますが、貴金属などの燃えないもの、果物や飲み物などの水分を多く含むもの、プラスチック製品などの有害物質が発生する可能性があるもの等は、棺に入れることができません。なお、故人様がペースメーカーを使用していた場合は、打ち合わせの際に申告ください。

  • 自宅で葬儀を執りおこなうことはできますか?

    ご自宅の間取りをスタッフが確認し、棺の搬入出や葬儀に必要なスペースが充分に確保できる場合は、ご自宅で葬儀を執りおこなうことが可能です。

  • 祭壇のお花や献花には、どのような種類がありますか?

    時期によって異なりますが、祭壇のお花や献花の種類は、ホームページに掲載されているものが基本的な仕様となります。故人様が好きだったお花やご遺族の思い出のお花など、ご希望の場合は、「お坊さんのいないお葬式」カスタマーセンターまたは葬儀場スタッフにご相談ください。

  • 葬儀に献花や焼香を取り入れない選択はできますか?

    想送式は、宗教形式の葬儀ではないため、献花や焼香のいずれもおこなわないという選択が可能です。

  • 葬儀にお坊さんを呼ぶことはできますか?

    想送式は、宗教形式の葬儀ではないため、プランには、お坊さんが読経で使用する木魚やお鈴などの仏具使用料が含まれておりません。宗教形式の葬儀をご希望の場合は、お問い合わせの際にご相談ください。

  • 想送式の前夜に宗教形式の通夜を執りおこなうことはできますか?

    想送式は、宗教形式の葬儀ではないため、通夜の儀式はおこないませんが「皆様にお別れをしていただく」お時間・会場をご用意する事は可能です。ご希望の場合は、お問い合わせの際にご相談ください。

  • 想送式を夜間に執りおこなうことはできますか?

    夜間に想送式を執りおこなうことをご希望の場合は、対応可能な葬儀場を紹介いたします。
    ただし、15時前後で火葬場の受け入れが終了する場合があるため、当日の火葬がおこなえない可能性があります。

  • 故人が檀家なのですが、想送式を執りおこなうことはできますか?

    檀那寺であるお寺への相談なく葬儀を挙げた場合、納骨ができないなどのトラブルが発生する場合があります。故人様が檀家である場合は、お寺とご相談いただいた上でご判断ください。

  • お香典の表書きは、どのように記入すれば良いですか?

    想送式は、無宗教形式のため、香典の表書きに決まった形式はござません。「お香典」「ご霊前」などの一般的な様式で記入ください。

  • 想送式に参列する際の服装や持ち物などのルールはありますか?

    想送式においても従来の葬儀と同様に喪服(礼服)が一般的ですが、宗教儀式をおこなわないため、数珠を持参いただく必要はありません。

葬儀料金について

  • 一般の葬儀と想送式では料金に違いはありますか?

    一般の葬儀と比べ、想送式は、お布施やご神饌料、献金などの宗教者への礼金が不要なため、葬儀料金を抑えることが可能です。

    プラン・料金について
  • 葬儀料金は、どのように支払えば良いですか?

    葬儀料金は、現金・銀行振込またはクレジットカードによってお支払いただくことが可能です。お支払いの方法や期限は、葬儀場によって異なるため、葬儀場の担当スタッフにご確認ください。

  • 互助会などの積立サービスはおこなっていますか?

    「お坊さんのいないお葬式」では、互助会などの積立サービスはおこなっておりません。

  • 遺体の搬送料金は、どれくらいかかりますか?

    「お坊さんのいないお葬式」では、セットプランの中に50km以内の搬送料金が含まれております。搬送距離が50㎞を超過する場合は、10km毎に5,000円(税別)の超過料金が発生いたします。

  • 参列者の人数によって料金が変動することはありますか?

    セットプランに含まれていない参列者へのお礼の品物や食事、献花など、追加された分のみ別途料金が発生いたします。

  • 葬儀場で遺体を安置する場合は料金が発生しますか?

    プランにより異なりますが3日~4日の安置料金は含まれております。
    火葬場が空いていない・ご希望の葬儀場に先約があるなどといった理由で、プランに設定された安置日数を超える場合、1日当たり10,000円~(税別)の安置料金や5,000円(税別)のドライアイス料金が発生いたします。

葬儀後の供養について

  • 墓じまいについて相談することはできますか?

    墓じまいをご希望の場合は、「お坊さんのいないお葬式」にご相談ください。

  • 四十九日や一周忌など、葬儀後の供養はどのように執りおこなえば良いですか?

    想送式は、宗教形式ではないため、仏式における四十九日や一周忌にあたる儀式を執りおこなう必要がありません。ただし、ご遺族のお気持ちが落ち着いた頃に食事会などおこなうなど、故人様を偲ぶ機会を用意される方もいらっしゃいます。

  • 納骨の方法にはどのようなものがありますか?

    納骨の方法には、墓苑のお墓やロッカー式の納骨堂、自然環境に近い樹木葬、海へ散骨、ご自宅に骨壺のまま安置するなど、さまざまな方法があります。

その他

  • 家族葬とは何ですか?

    明確な定義はありませんが、一般的には、遺族・親戚のみが参列する小規模な葬儀のことを家族葬と呼んでいます。

  • 直葬とは何ですか?

    直葬は、葬儀場を利用せずに安置室から直接出棺・火葬のみを執りおこなうもので、宗教儀式を含むすべての葬送儀式を執りおこなわない形式です。直葬に参列いただける人数は、5名程度となります。

  • 戒名をつけることはできますか?

    想送式は、宗教儀式をおこなわないため、宗教者が故人様に戒名をお付けすることはできません。

  • 位牌を用意してもらうことはできますか?

    想送式は、宗教形式の葬儀を執りおこなわないため位牌はありませんが、ご自宅の雰囲気に合わせた宗教色のないオブジェに故人様のお名前を彫った「祈りの対象物」を用意することが可能です。

    供養について
電話をかける(無料) 資料請求