宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

葬儀費用を解説。葬儀の種類で一番安いのは?

葬儀の種類は色々あります。まず形式として宗教形式の葬儀と無宗教形式の葬儀、そしてそれぞれの中に一般葬や家族葬、一日葬などがあります。最近は直葬や火葬式と呼ばれるものもあるようです。それらの違いはどんな違いなのでしょうか?また、色々な葬儀の種類で一番安いものはどれなのでしょうか?葬儀は安い方が良いと思われる方もいらっしゃると思いますが、今回のコラムでは、簡単に理解できるようなるべく完結にそれぞれ解説したいと思います。

【目次】
何をもって葬儀とするか?
葬儀の形式と種類をご紹介
直葬や火葬式は葬儀ではない?
一番安い葬儀とは?
今回のまとめ

何をもって葬儀とするか?

葬儀で悩む女性
葬儀とは、そもそもどんな物なのでしょうか?お坊さんが来るのが葬儀なのでしょうか?それとも、神主さんが来るのが葬儀なのでしょうか?そうした宗教者がいなければ葬儀ではないのでしょうか?
世界には色々な宗教があり、そして色々な葬儀があります。日本では信教の自由が法律で保障されている為、どの宗教を信仰するか、そしてどの宗教も信仰しないことも自由です。
そんな日本において、今までは江戸時代に始まった寺請け制度から続く檀家制度のおかげで、ほとんどの葬儀は仏教形式の葬儀で行われてきました。
しかし、実際に仏教を信仰していると言える人はほとんどいないというのが現実です。

葬儀は、「これでなければいけない」という決まったものはありません。様々な宗教では定められた葬儀の様式があり、それで行う事が多かったのですが、その宗教を信仰していなければ、その様式の葬儀をすることはないでしょう。もちろん、無宗教形式のお葬式もあります。

なにがしかの宗教形式のお葬式も、それを信じる人にとっては正しいお葬式ですし、無宗教形式の自由なお葬式も、それで納得する人にとっては正しいお葬式なのです。

何をもって葬儀とするか?については、色々と議論があるとは思いますが、ある程度分かりやすくまとめるとすれば、「故人の死を悼み、葬ることを前提としたお別れの儀式を行う」ことが葬儀と言えるでしょう。

葬儀の形式と種類をご紹介

女性葬儀スタッフ
それでは、葬儀の形式や種類をご紹介したいと思います。
まずは、形式です。葬儀の形式には仏教やキリスト教、神道などといった、それぞれの宗教にそった宗教形式の葬儀と、そうした宗教色のない無宗教形式の葬儀と、二種類に大別されます。
そして、それぞれの形式において、一般葬や家族葬、一日葬などがあります。
一般葬とは、従来通りのお葬式のカタチとされ、家族だけでなく、ご近所や友人、会社関係など故人や遺族にご縁のある方が参列する葬儀です。
次に家族葬ですが、家族葬とは、基本的には家族を中心としたごく近親者のみで執り行われる葬儀とされます。
一日葬は、従来一般的であった通夜・葬儀と二日間行う形態を、葬儀の日一日だけにした葬儀の形態です。一日葬でも、一般葬の一日葬もあれば、家族葬の一日葬もあります。

その他、直葬や火葬式といった言葉も最近はよく聞かれるようになりました。
直葬とは、基本的に儀式を行う事がなく、火葬をするために最低限必要な物品やサービスのみで構成されたものになります。
火葬式とは、葬儀社によって設定が多少違いますが、多くは火葬場の炉前室や前室とよばれる部屋で、火葬の直前に5~10分弱の短いお経を読むだけのものになります。※火葬場に向かう前、葬儀社の安置室などで済ます場合もあります。

直葬や火葬式は葬儀ではない?

直葬は、火葬をする為に必要な最低限の内容だけになり、そこには葬儀と呼べる要素は入りません。葬儀を、故人を葬ることを前提としたお別れの儀式と定義するのであれば、直葬は「儀式」がないため、葬儀とは言えないでしょう。
火葬式については、本来の仏式葬儀であれば、短い宗派でも20分~30分程度はかかる儀式なので、そこまで短縮した読経は、葬儀の儀式とは言えないものと言えるでしょう。

つまり、直葬も火葬式も、その実施される内容やその意味を考えたときには、基本的には葬儀と呼べるものではないという事になります。

一番安い葬儀とは?

葬儀費用イメージ
では、一番安い葬儀とはどれになるのでしょうか?
ちょっとややこしかったと思いますので、以下に葬儀の種類を並べてみます。
①宗教形式の一般葬
②主教形式の家族葬
③宗教形式の1日葬
④無宗教形式の一般葬
⑤無宗教形式の家族葬
※無宗教の場合、そもそも通夜という概念がないため、無宗教形式の1日葬は外してあります。

ざっくり分けると、上記の種類になります。ただし、①~③については、「どの宗教か?」によっても随分と費用が変わってきますが、ここではひとまとめにしてあります。

さて、この中で一番費用が少ないのはどれでしょう?答えは、⑤の無宗教形式の家族葬になります。
無宗教形式のお葬式では、宗教者に必要な礼金が一切不要になります。お坊さんが来る仏教形式の葬儀ですと、お坊さんにはお布施と呼ばれる表書きの御礼が必要になります。地域や宗派によって随分と差があるものなのですが、全国平均ではなんと47万3000円と言われています。

無宗教形式のお葬式では、こうした宗教者への礼金が必要ないため、純粋に葬儀に必要な費用だけで良いため、費用としては一番抑える事がかのうな葬儀と言えるでしょう。

今回のまとめ

葬儀の種類で一番安いものはなにか?について解説してきました。葬儀の費用を抑えることは、もちろん多くの方が望む事ではありますが、葬儀は大切な方との最後の別れとなる、大事な儀式であり時間です。
この時間が、残された人たちにとって「納得」の時間となることで、気持ちを切り替え、悲しみから回復していく事ができるのです。
安さも大切な要素ですが、自分達にとって本当に必要なお別れとはなにか?について、しっかりと考えてみることも大事だと思います。

サービス終了しました 資料請求