宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

葬儀費用を安くしたい。家族葬の費用を安く抑えるには?

家族葬に限らず、葬儀の費用を抑えたいと思われる人は多いと思います。葬儀費用の中でも特に家族葬の費用を安く抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか?そもそも、家族葬とは今までの一般的なお葬式とはどう違うのでしょうか?費用的にはやはり大きく違うのでしょうか?今回のコラムでは、家族葬と一般葬の違いについて解説し、家族葬費用を安くするポイントについて解説したいと思います。

【目次】
家族葬とはどんなお葬式?
一般葬とはどんなお葬式?
家族葬と一般葬の違いとは
家族葬の費用を安く抑えるポイントとは
今回のまとめ

家族葬とはどんなお葬式?

葬儀疑問女性
家族葬とは、どんなお葬式なのでしょうか?まず家族葬について解説したいと思います。家族葬とは、一般的には家族だけで行う葬儀といった認識で、また、比較的小規模なお葬式という認識の方も多いのではないでしょうか?

葬儀社によって家族葬の定義の仕方は色々ありますが、一般的には次の様に定義されているようです。
家族葬とは、家族を中心とした近親のみで行う葬儀とされている葬儀社が多く、絶対に家族だけとは言っていませんし、必ずしも小規模でもないようです。

家族葬についてはこちらも読まれています:家族葬でもお布施は高い?葬儀によるお布施金額の違い

一般葬とはどんなお葬式?

では、次に一般葬についてどんなお葬式なのか解説したいと思います。一般葬とは言っても、もともとはそれが普通のお葬式であったため、一般葬と呼ばれるようになったのは家族葬が増えてきた最近の事です。家族葬がかなり増加してきた事により生まれた新しい葬儀用語と言えるのです。
この一般葬とは、もともと広く行われてきた葬儀の形態であり、それが今までは普通だったわけですから、特別一般葬の定義はありませんが、敢えて条件を揃えてみれば次のようになるでしょう。
一般葬とは、家族や親戚などの近親者のみでなく、ご近所、友人、会社関係といった故人や喪主と関りのある方に広く通知し、どなたにでも葬儀に参列して頂くお葬式。となります。
お知らせする範囲や参列者を制限しない葬儀、と言い換える事もできるかもしれませんね。

家族葬と一般葬の違いとは

家族葬と一般葬の違いは、聡明な皆様はすでにお気づきだと思いますが、葬儀のお知らせをしたり、参列して頂く事に制限を付けるか付けないかの違いとなります。家族葬では、葬儀のお知らせ自体をしないケースもありますが、お知らせの内容で「近親者のみの家族葬で執り行いますので、参列はお控えください」といった旨のお知らせをする場合もあります。

とは言え、実際の所はどうなのでしょうか?
実は、家族葬と言っても本当に親しいご友人やご近所の方が「最後にお別れがしたい」と望まれれば、普通はお断りする事はなかなか出来ないために、ある程度家族以外の方が参列される事はよくあることなのです。
極端な例ですと、最初は「家族葬で行います」と言われていた喪家であっても、フタを開けてみれば通夜にも葬儀にも数十人以上の参列があり、一般葬と何も変わらないお葬式になったというケースも珍しくありません。

家族葬と一般葬の違いは、実はあってないような物でもあるのです。

家族葬の費用を安く抑えるポイントとは

葬儀スタッフのポイント
家族葬の費用を安く抑えるポイントはあるのでしょうか?
実は、家族葬でも一般葬でも葬儀費用はあまり変わらないというのが現実です。なぜなら、家族葬だからといって何か葬儀に必要な物を省ける訳ではないからです。
ただ、家族葬の場合は一般葬に比べて数量を減らせる物はあります。それは、粗供養品と呼ばれる通夜や葬儀の返礼品です。
家族葬の場合、やはり一般葬と比べて参列者数は少ない傾向にありますので、こうした参列人数によって増減する物については一般葬より減らせる可能性は高いと思います。

しかし、残念ながらそれ以外の物品については、一般葬でも家族葬でも必要とする物があまり変わらないために、大きな減額は難しいのです。

強いて言えば、「葬儀プラン料金」については、家族葬の場合は一般葬より小規模な物を選ぶ方が多いように思います。
ただ、葬儀社に支払う費用の大きな部分が、この葬儀プラン料金になりますので、この部分を抑える事で家族葬の費用を安く抑える事は可能です。
もちろん、低価格なプランですと、十分な飾りが出来なかったり、必要とするオプションが含まれていなかったりする場合がありますので、内容については十分検討が必要だと思います。

今回のまとめ

家族葬だからといって、大きな減額は難しいのが現実なのですが、葬儀プラン料金を抑える事によって家族葬を安くする事は可能です。
また、特定の宗教を信仰していない方であれば、無宗教形式のお葬式『想送式』を選択することによって、全国平均で47万3000円とも言われるお布施など宗教者への礼金が全く必要なくなりますので、そうしたお葬式を選択する事も、葬儀費用を安く抑える一つの方法だと思います。

サービス終了しました 資料請求