宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

家族葬や一般葬。色々あるけど葬儀には必ずお坊さんが必要?

皆さんは葬儀というとどんなイメージをされるでしょうか?家族葬や一般葬、最近はさらに一日葬や直葬という言葉もあります。この中で、直葬はいわゆる葬送の為の儀式を行わないものですから、葬儀とは言えませんが、それ以外の葬儀では多くの場合、お坊さんが来て読経をし、焼香をするといったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?では、葬儀には必ずお坊さんが必要なのでしょうか?お坊さんのいないお葬式とはどんな葬儀なのでしょうか?

【目次】
お坊さんが来る葬儀は仏教形式の葬儀
お坊さんが来る葬儀ばかりではない
お坊さんがくる葬儀は葬儀も葬儀後も負担が多い
お坊さんのいないお葬式
今回のまとめ

お坊さんが来る葬儀は仏教形式の葬儀

お坊さん
お坊さんが来る葬儀は、仏教形式にのっとった葬儀です。つまり、本来は仏教徒のための葬儀という事ですね。仏教に限らず、何か特定の宗教を信仰しているのであれば、一般的にはその宗教形式の葬儀を行います。もちろん、何か宗教を信仰しているからといって、その形式でやらなければいけないという決まりも法律もありませんので、何か宗教の信者であっても、違う形式で葬儀をする事は可能です。

とはいえ、一般的には信仰する宗教があれば、その形式で葬儀をする事が普通と言えるでしょう。

繰り返しになりますが、お坊さんが来る葬儀は仏教形式の葬儀であり、仏教の信者、仏教を信仰している人のための葬儀になります。
なぜ信仰している宗教の葬儀をするのかと言いますと、多くの宗教では死後の世界や葬儀の意味が示されており、その教えにそった儀式をすることが良いことだとされているからです。
信仰していない宗教形式で葬儀をしても、残され人は納得できません。なぜなら、その宗教形式で行われる葬儀が、何のために、どうしてその儀式をしているのか理解していないからです。

お坊さんが来る葬儀ばかりではない

葬儀は、お坊さんが来る葬儀ばかりではありせん。
葬儀は大別すると二種類の形式があります。一つは、お坊さんや神父さん、神主さんといった宗教者が来て宗教儀式を行う宗教形式のお葬式。もう一つは、そうした宗教色のない無宗教形式のお葬式になります。

宗教形式の葬儀であっても、キリスト教を信仰している方の葬儀にはお坊さんは来ませんし、神道の方もそうです。創価学会のお葬式は、友人葬といって学会の仲間の方が読経を行い、お坊さんは来ません。

そして、無宗教形式のお葬式ではお坊さんに限らず、どの宗教者が来ることもありません。

お坊さんがくる葬儀は葬儀も葬儀後も負担が多い

お坊さんが来る葬儀は、実は葬儀自体にも、そして葬儀後にも大変負担が大きいのです。
それは、お布施と呼ばれるお坊さんへの礼金です。
まず、葬儀のお布施ですが、地域や宗派によって随分と金額差がありますので、一概にいくらとは言い難い所がありますが、参考として全国平均をご紹介します。葬儀のお布施の全国平均は47万3000円と言われています。約50万円ですね!

これだけでも大変な負担と言えると思いますが、お坊さんが来る仏教形式の葬儀を行うと、実は葬儀後も負担が続いていきます。
仏教の教えでは、実は葬儀だけではあの世(極楽)に行く事はできず、葬儀後も追善供養と言われる法要をしていかなければいけないとされています。死後、亡くなった方はこの世とあの世を彷徨いながら旅を続け、7日毎に裁きを受けます。有名な閻魔大王の裁きは35日目と言われています。こうした裁きや、その後のあの世での旅において、故人が難所を乗り越えていけるようにこの世から応援するのが追善供養といわれる法要なのです。
ですから、葬儀だけお坊さんにお経読んでもらえば大丈夫!じゃないのです。
※宗派によって異なります。

ちなみに、この法要など供養にかかる総費用は、お墓や仏壇なども含めると、弔い上げとされる33回忌までの総額は800万円を超えると言われます。
※下表参照
仏式供養にかかる費用

お坊さんのいないお葬式

葬儀は、お坊さんに限らず、宗教者がいない無宗教形式のお葬式というものがあります。
いままであまり多くはなかったのですが、近年の生活環境、価値観、そして少子化によって跡取りがいないという現実。さらに、日本人はほとんどの方が無宗教(※下グラフ参照)ということから、最近は多くの方が無宗教形式のお葬式を選択されています。
宗教観に関するデータ
調査対象者_30代~70代の男女10,000人
調査委託先:楽天インサイト

無宗教形式のお葬式のメリットについてはこちらをご覧ください。:一般葬や家族葬。お坊さんがいない葬儀6つのメリット

今回のまとめ

葬儀にお坊さんがいる必要はありません。もちろん、仏教を信仰していらっしゃる方は別です。仏教など特定の宗教を信仰していない方であれば、無宗教形式のお葬式『想送式』を選択される事が、残された人にとって納得のお別れになるのだと思います。

想送式のイメージを動画でご覧いただけます:想送式イメージビデオ

サービス終了しました 資料請求