宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

危篤の知らせを受けたら葬儀社に連絡するの?

危篤の知らせとは、どんな状態なのでしょうか?身内が亡くなれば葬儀の連絡をしなくてはいけません。葬儀社に連絡を取り、故人の搬送から葬儀の手配をお願いします。しかし、危篤の状態はまだ亡くなっている訳ではありません。しかし、非常に亡くなってしまう可能性が高い状態であることも確かです。そんな危篤の知らせを受けた時は、葬儀社に連絡をするべきなのでしょうか?今回のコラムでは、危篤の知らせを受けたらどうするべきか?について解説したいと思います。

【目次】
危篤状態とは
危篤の知らせを受けたら葬儀社に連絡するの?
葬儀社は、予約は受け付けられない
家族としておくと良い準備とは
今回のまとめ

危篤状態とは

危篤状態とは、どんな状態を言うのでしょうか?一般的には、医師が診断して、回復の見込みがなく、生命の危機的状況にあり息をひきとる間際である状態とされます。
医師や看護師にも、家族に危篤を伝える事は非常に重要なことであるため、基本的にはそこから回復する望みはほとんどない状態で宣言されるようです。
とは言え、危篤を宣言されたあと、いつお亡くなりになるかは誰にも分かりません。本当に数時間の場合もあれば、数日の場合も。中には奇跡的に回復される方もあるかもしれませんが、普通はその見込みがない場合に危篤を宣言されるのです。

危篤の知らせを受けたら葬儀社に連絡するの?

葬儀で悲しむ女性
家族が危篤という知らせを受けたら、多くの方がパニックや悲しみによって通常ではいられない状態になってしまうと思います。しかし、最後の時にそばにいてあげたいでしょうし、当人にとってもそうして欲しいと思いますので、まずは気持ちを落ち着け、必要な関係先に連絡をして病院に向かいます。

この時に、葬儀社にも連絡をする必要があるのでしょうか?
基本的にはその必要はありません。現実的な話をすれば、葬儀社は実際にお亡くなりになってからでないと動けません。また、危篤状態とはいえ本当にいつお亡くなりになるかは誰にも分からないのです。

葬儀社は、予約は受け付けられない

葬儀社は、葬儀の予約を受け付ける事は出来ません。もちろん、電話で相談をすれば「大丈夫ですよ。もしもの時はすぐに動けるように手配をしておきます」といった事は言って頂けると思いますが、それはどなたにでも言うセリフで、具体的に危篤と言われた方の為に準備して待機する事はしません。なぜなら、前述の通り、実際にいつお亡くなりになるか誰にも分からないからです。

実は、時々葬儀社にはそうして焦ってお電話をしてこられる方がいらっしゃいます。
「もうすぐ亡くなるから会場を抑えといてくれ」と依頼をされてくるのです。しかし、葬儀社としては、その「もうすぐ」がいつなのか分からない以上、会場を抑えておく確約は出来ないのです。もちろん、他のご依頼が入るまでは予約状態と表現する事はできるのですが、実際に他のご依頼が先に入ってしまえば、そちらを優先するしかないのです。

家族としておくと良い準備とは

では、危篤と宣言された時、家族として葬儀の準備は全く不要なのでしょうか?
複雑の心情だとは思いますが、現実には葬儀の準備はしておいた方が良いとされます。もちろん、本格的な準備は状況が状況ですからなかなか出来ないと思いますが、少なくとも次の3つの事については、準備をしておかれることをお勧めします。
①もしもの時の連絡先
もし、本当に亡くなってしまったら、連絡をしなくてはいけない関係先をリストアップしておくと良いでしょう。慌ててしまい、大切な関係者に連絡が漏れてしまうといけませんので、落ち着いて出来る時に準備をしておくと良いでしょう。

②依頼する葬儀社の選定遺影
依頼する葬儀社が決まっているのであれば良いのですが、そうでない場合、どんな葬儀をしたいのか?どれくらいの人数になるのか?などの条件によって会場が変わってきます。また、希望する葬儀の種類や会場の雰囲気も重視するのであれば、事前の調査は大切です。

遺影写真の選定
意外と困るのが、この写真の選定です。最近は多くの方がスマートフォンで撮影されたデータをたくさんお持ちなので、一番良い写真を選ぶ作業も大変ですが、それよりも大変なのが、本当にご高齢の方ですと、「写真がない」ことです。葬儀には遺影写真が必要ですから、お写真の準備も事前にしておけると良いでしょう。

今回のまとめ

安心信頼女性スタッフ
危篤の知らせを受けても、基本的に葬儀社へ連絡は不要です。しかし、事前相談を希望される場合は、その限りではありません。
お坊さんのいないお葬式では、無宗教形式のお葬式『想送式』が執り行える全国の葬儀場をご案内しております。また、全国一律のプラン料金で地域や葬儀社によっての差がないため、費用面でも安心してお任せいただくことが出来ます。
お坊さんのいないお葬式カスタマーセンターでは、葬儀の事前相談も承っておりますので、ご心配な事があればいつでもお電話ください。

電話をかける(無料) 資料請求