宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

葬儀は高い?葬儀の料金を安くする2つのポイント

葬儀料金は高いとよく言われます。葬儀料金はなぜ高いのでしょうか?そもそも本当に高いのでしょうか?葬儀料金は不透明で、終わってみたら見積よりずいぶん高くなったなどの声も頂く事があります。本当にそんな事があるのでしょうか?葬儀の料金の内訳を知る事によって、葬儀料金の削減ポイントを知る事ができると思います。今回のコラムでは、葬儀料金を安くする2つのポイントついて解説したいと思います。

【目次】
葬儀料金の内訳を知ろう
葬儀料金が見積より高くなる訳とは
葬儀料金を安くするポイント①
葬儀料金を安くするポイント②
今回のまとめ

葬儀料金の内訳を知ろう

葬儀料金の内訳とはどんなものなのでしょうか?葬儀料金は、主に4つの項目で構成されているケースが多いようです。葬儀社によってその組み立ては異なりますので、一例としてご覧ください。
①葬儀プラン料金(セット料金・葬儀基本料金・祭壇料金)
②付帯料金
③必須付帯料金
④お布施など
(宗教者への礼金)
以上の四項目になります。
一つずつ詳細をご紹介します。
①葬儀プラン料金とは、葬儀社によって含まれる内容は異なりますが、大抵の場合「基本的に葬儀に必要な物品と祭壇飾り」がセットになったものです。
一般的な項目として、祭壇・棺・司会者・焼香セット・受付セット・搬送料金・霊柩車・仏衣や位牌などの備品・その他があげられます。少々ややこしいのが、このセット内容は葬儀社によって異なるという点です。A葬儀社では前述の全ての内容がセットに含まれていますが、B葬儀社では棺は別料金という事も珍しくないのです。

②付帯料金とは、一般的には返礼品・食事関係・送迎バスといった、プランには含まれておらず、また、家によって内容や数量が異なる物になります。

③必須付帯料金とは、葬儀プランにも含まれていないけど、②付帯料金とは違って、その葬儀社で葬儀をする以上、絶対に必要な物になります。例えば、先ほどご紹介した例でいけば、B葬儀社の棺が必須付帯料金になります。棺なしでは葬儀は出来ませんからね。その他、葬儀会館の使用料、控室の使用料、サービス料なども葬儀社によってはプラン料金とは別途必要になる場合もあります。

④お布施とは、お坊さんなどの宗教者に葬儀を依頼した時の礼金になります。これは、葬儀社に支払うものではありませんが、喪家としては葬儀費用として必要になるものです。※無宗教形式のお葬式は除く。
お布施の金額は、地域や宗派によって随分と差がありますが、全国平均では47万3000円とも言われます。

葬儀料金が見積より高くなる訳とは

費用
よく、「見積りよりうんと葬儀費用が高くなってしまった」という話をメディアなどで耳目します。私達葬儀社からすれば、悪意はないが、あり得る話だとは思います。
基本的に葬儀は最初にお客様と打合せを行い、見積を作成します。この段階でお客様からサイン等をいただき、葬儀の準備などに入っていきます。ところが、最初の見積の段階では決まっていない項目がいくつかあるのです。代表的な項目としては、「食事」と「返礼品」そして「供花供物」です。葬儀が発生した直後では、それらの数量を正確に把握する事は難しいのが現実なので、食事はギリギリまで発注しない、返礼品はある程度予備を見て発注し、余ったら返品できるようになっています。その為、食事は最初の見積にはそもそも計上されていない事が多く、注文した分が丸っと追加費用になります。
返礼品については、想定より参列者が多い場合は、追加が必要なることも珍しくありません。
供花供物については、基本的には親戚の方々が出してくださる事が多いのですが、喪家に立て替え払いの場合が多く、葬儀社からの請求書に一緒に上がってくることも多いのです。

こうした事から、最初に見積で出て来た金額より数十万程度は増加してしまう事は、ごくごく普通にあるのです。

葬儀料金を安くするポイント①

さて、葬儀費用の内訳をご理解頂けたところで、葬儀料金を安くするポイントをご紹介します。
ご紹介した葬儀社費用の内訳で、葬儀社に支払う項目の中で削減できるポイントは、基本的に①葬儀プラン料金しかありません。それ以外の項目については、基本的に絶対に必要な物がほとんどであり、商品の選択で多少の減額は可能ではありますが、大きく減らす事は難しいものばかりです。
もちろん、①の葬儀プラン料金を安いものにすれば、希望するグレードのサービスが受けられない可能性もありますので、自分達にとって必要な物とそうでない物を見極める必要はありますが。

葬儀料金を安くするポイント②

では、もう一つの葬儀料金を安くするポイントは何なのでしょうか?それは、④お布施など(宗教者への礼金)を全く0円にする方法です。ただし、特定の宗教を信仰していない方に限ります。
今まで日本の葬儀は、多くがお坊さんが来て読経を行う仏教形式の葬儀で行われてきました。しかし、そのお葬式は本来仏教を信仰する人のためのお葬式です。
例えば、キリスト教を信仰している人はお坊さん呼ぶことはありませんよね?キリスト教徒の方は、神父さんや牧師さんを読んでキリスト教式の葬儀を行います。
このように、信仰している宗教があれば、その形式で葬儀をするのですが、信仰する宗教がない方は、無宗教形式のお葬式をすれば良いのです。
今まではあまり一般的ではありませんのでしたので、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、近年非常に増加しているお葬式のカタチになります。

無宗教形式のお葬式では、葬儀のお布施がいらないだけでなく、その後の供養にも費用がかかりません。
日本は、少子化のために今までのようにお墓やお寺との付き合いを継承していく「跡取り」がいないご家庭が非常に増えているのです。
お子様がいない、娘さんしかいないご家庭では、供養継承への不安から「墓じまい」や「離檀」をされる方が大変多くなっているようです。

今回のまとめ

スタッフ男女
葬儀料金を安く抑えるポイントがお分かり頂けたと思います。それぞれに出来る・出来ない、そしてメリットデメリットはありますので、ぜひ事前にご相談を頂けると良いと思います。
お坊さんのいないお葬式では、無宗教形式のお葬式 想送式 を執り行える全国の葬儀場をご紹介しています。事前の葬儀相談やその後の供養についても専門のスタッフが丁寧にご回答させて頂きますので、ご遠慮なくご相談ください。

電話をかける(無料) 資料請求