宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

家族葬や一日葬等のお葬式。お坊さんがいない葬儀のメリットは?

家族葬や一日葬といったお葬式が最近多くなってきていますが、今まで普通にあった一般葬も含め、多くのお葬式はお坊さんが来て読経をし、焼香をする仏教形式の葬儀だったと思います。ところが、近年は宗教観や価値観の変化によって、とくべつどの宗教も信仰していないという人がほとんどになっています。そうした事からお坊さんのいないお葬式をされる方が増えていますが、このお葬式のメリットはどんな物があるのでしょうか?

【目次】
宗教を信仰している人は、その宗教のお葬式
お坊さんのいないお葬式のメリットをご紹介
お坊さんのいないお葬式のデメリットもご紹介
お葬式の本当の役割とは
今回のまとめ

宗教を信仰している人は、その宗教のお葬式

まず、葬儀の形式とはどのように決定されるのかご存知でしょうか?葬儀の形式とは、大きく分けて二つあります。一つが、お坊さんなど宗教者に来て頂き行われる宗教形式の葬儀。お坊さんが来る形式は仏教形式の葬儀ですね。神父さんや牧師さんがくるキリスト教形式の葬儀や、神主さんが来て行う神道形式の葬儀もあります。

もう一つの形式とは、そうした宗教者が関係しない、そして式自体も宗教的な意味合いのない無宗教形式のお葬式になります。

結婚式でイメージして頂くと分かりやすいでしょうか?結婚式は、もともとは神道形式の神前式が基本だったそうですが、今では半数近くがキリスト教式です。しかし、最近人気が高まり増えているのが人前式(じんぜんしき・ひとまえしき)と呼ばれる、無宗教形式の結婚式です。
人前式

いずれにしても、結婚式は自分の宗教を意識して形式を選択するというより、どの式が雰囲気が良いか どの式が自分達に合っていそうかといった角度で決定される方が多いのではないでしょうか。

では、お葬式についてはどんな理由で決定されているのでしょう?まずは、当たり前と言えば当たり前ですが、信仰する宗教があれば、その形式のお葬式を選択するということです。そしてもう一つは、特に信仰している宗教はないけど、今まで多かったお坊さんが来て読経をする仏教形式を葬儀の常識と思って選択するということだと思います。なかには、葬儀社の案内にそってそのまま進めていったらお坊さんが来る葬儀だったというケースも多いでしょ。

しかし、よく考えてみてください。お坊さんが来る葬儀は仏教形式の葬儀であり、あくまで仏教を信仰する人のための葬儀形式です。なぜなら、仏教の葬儀では何が行われ、どうしていく為の葬儀なのか知らなければ意味がないからです。

いずれにしても、葬儀は、信仰する宗教があれば、その宗教形式のお葬式を行う事が一般的です。

お坊さんのいないお葬式のメリットをご紹介

女性葬儀スタッフ
では、特にどの宗教を信仰していない人は、どんなお葬式をするのが良いのかと言えば、それは、無宗教形式のお葬式です。結婚式で言えば人前式ですね。
この無宗教形式のお葬式には大変多くのメリットがありますので、ご紹介したいと思います。

①お布施など宗教者への礼金が不要
まず一番大きなメリットと言えるかもしれないメリットが、金銭的な負担軽減です。お坊さんなどの宗教者に来て頂くと、お布施と呼ばれる礼金が必要という事は、多くの方がご存知だと思います。なんとこの葬儀のお布施は全国平均で47万3000円にもなるそうです。
無宗教形式のお葬式では、宗教者を呼ぶ事がないため、お布施などの礼金は全く必要ありません。

②葬儀の時間を自由に使える
皆さんは葬儀の時間をどのように過ごしたいでしょうか?葬儀は、大切な人と過ごせる最後の貴重な一時間です。この時間をどのように過ごすことができるかは、非常に重要な意味を持つと思います。
読経や焼香の意味が分かっていて、それをする事で納得できる方はその葬儀で良いと思いますが、そうした儀式の意味が分からない人にとって、高額のお布施を支払って、その儀式をして頂く事にどんな意味があるのでしょうか?
無宗教形式のお葬式では、大切な人の想い出を振り返ったり、みんなで語り合ったり、してあげたかった事をしてあげる時間を作る事ができる自由なお葬式なのです。

③宗教者やシキタリなどに気を使わなくて良い
大変な心境の中、慣れない宗教者とのやり取りや、そのシキタリ、作法を実践する事は大変なストレスです。普段でも神社やお寺に行くと作法に戸惑いますよね?それが、自分の大切な家族が亡くなり正式的に落ち込んでいる時であれば、その心的ストレスは非常に大きなものです。無宗教形式のお葬式では、そうした心配やストレスを受ける事が一切ありません。

④供養など葬儀後の負担もない
特に今までの仏教形式の葬儀と、その後の供養については費用がかかります。宗派や地域によって金額差はかなりありますが、一般的に仏教葬儀を行って、その形式で「弔い上げ」と言われる33回忌まで供養を続けていくと、総額で800万円もの費用がかかるともいわれます。
※下表参照
仏式供養にかかる費用

無宗教形式のお葬式では、葬儀後も宗教者が関係する事がありませんので、子どもや孫に負担を残す心配がありません。

無宗教形式のお葬式:想送式を動画でご紹介
※下の画像をクリックするとイメージビデオがご覧頂けます。

お坊さんのいないお葬式のデメリットもご紹介

お坊さんのいないお葬式にはデメリットがあるのでしょうか?
基本的に、仏教を信仰していない人にとってデメリットは一切ありません。ただし、先祖代々のお墓がお寺の「檀家専用墓地」にあり、今後もそのお墓に「納骨」を続けて行きたいと思っている場合は、お寺からダメだと言われる可能性があります。
日本は信教の自由が法律で保障されていますので、今までのご先祖様は、ご先祖様として分けて考え、自分達は自分達で別のお墓や海洋散骨などを検討されるのであれば、全く問題はないと言えるでしょう。

お葬式の本当の役割とは

お葬式の本当の役割とは何なのでしょうか?それを知る事で、葬儀には宗教が関係しなくてはいけないかどうかご判断できると思いますので、ご紹介したいと思います。

葬儀の役割とは「残された人が一日も早く別れの痛みから回復し、前を向いていくきっかけとなること」です。

つまり、故人を送り出すという事が役割なのではなく、残された人が納得して気持ちを切り替えていけるかどうかが大切なのです。
安心納得する女性

故人がその儀式によって本当に天国や極楽と言われる所に送り出されたかどうかは、それを信じるかどうかという問題です。そもそも、天国を信じていない人であれば、「送り出しましたよ」と言われても信用できませんよね?幽霊なんかいないと信じ切っている人に、幽霊がいると言うのと同じレベルの話です。

亡くなられた方や、送り出す遺族に信仰する宗教があれば、その宗教形式の葬儀をする事で、「ちゃんとお葬式をしてあげられた」「ちゃんと送り出してあげられた」と納得する事ができ、気持ちを切り替えていけると思いますが、信仰していない形式の葬儀をした時、同じ納得を得られるでしょうか?
今までと同様のお葬式をすることで、「とりあえず普通のお葬式は出来た」とは思えるでしょうけど、そこに明確な納得はないのではないでしょうか。

今回のまとめ

お坊さんのいないお葬式は、今まで当たり前とされた仏教形式の葬儀ではなく、遺族にとって本当の納得は何か?を考えた時に、必然となる葬式のカタチであり、選択肢の一つなのです。
そもそも、仏教葬儀が当たり前になった理由は江戸時代の寺請け制度が始まりです。
時代は変わり、価値観・宗教観が変わり、少子高齢化が進んでいる現代、本当に今までのお葬式で良いのか?今までの供養のカタチを今後も維持していけるのか?残される遺族にとって本当に納得のお葬式とはなにか?こうした事を、真剣に考えてみる時代なのではないでしょうか。

電話をかける(無料) 資料請求