宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

自分は無宗教。お坊さんはいらないと思う方にお勧めの葬儀とは

葬儀には形式があります。主に宗教形式無宗教形式のお葬式です。葬儀には、お坊さんが来て読経をするものと思っている方も多いと思います。しかし、多くの方が特に仏教を信仰しているわけではないのに、お坊さんが来て読経するという葬儀に疑問を持つ方も少なくありません。今回のコラムでは、自分は無宗教だと思われる方におすすめのお葬式をご紹介していきたいと思います。

【目次】
葬儀の形式とは?
信仰する宗教があれば、その形式を。
特定の宗教を信仰していない方は。日本人は無宗教
無宗教形式のお葬式、想送式とは
今回のまとめ

葬儀の形式とは?

葬儀の形式とは、基本的に次の二種類があります。一つ目は、お坊さんなどの宗教者が来て読経などの宗教儀式を行う宗教形式のお葬式。次に、そうした宗教者を呼ばず、自由な内容で行う事ができる無宗教形式のお葬式です。基本的に、葬儀の形式とはこの二種類に大別されます。

信仰する宗教があれば、その形式を。

葬儀は、前述のように2種類の形式がありますが、信仰する宗教がある方は、その宗教形式で葬儀を行う事が一般的です。
例えば、仏教を信仰している方であれば、お坊さんを呼んで行う仏教形式の葬儀になりますし、キリスト教の信者であれば、神父さんや牧師さんに執り行って頂くキリスト教形式の葬儀を行います。神道の方であれば、神主さんに来ていただき行う神道形式の葬儀ですね。

全ての新興宗教にある訳ではありせんが、新興宗教といわれる新しい宗教においても、それぞれの教えに沿った葬儀形式を整えている所が多いようです。

いずれにしても、宗教形式の葬儀は、それぞれ信仰する宗教にのっとった形式となっているわけですから、信仰していない宗教の葬儀をするということは、意味のないことです。
キリスト教の信者が仏教形式の葬儀をする事はありませんよね。同様に、仏教を信仰している方がキリスト教式のお葬式をすることもないと思います。

このように葬儀は本来、信仰している宗教があれぱ、その形式で行うことが一般的と言われています。

特定の宗教を信仰していない方は。日本人は無宗教

では、特にどの宗教も信仰していない人はどうすれば良いのでしょうか?
日本人は多くの方が無宗教だと言われます。無宗教という表現は色々と物議を呼びますが、ここでは特定の宗教を信仰していない人の事を無宗教と呼ぶことにします。

下のグラフをご覧ください。日本人の30代~70代の男女10,000人にアンケートを実施した結果です。
宗教観に関するデータ
調査委託先:楽天インサイト
なんと、9割もの人が特定の宗教は信仰していないと回答されています。
この結果からも、基本的に日本人は無宗教であると言っても良いのではないでしょうか。

特定の宗教を信仰していない人は、どんなお葬式をすれば良いのでしょか?それは、無宗教形式のお葬式です。

今まで多かったお葬式は仏教形式の葬儀ですが、仏教形式の葬儀が多かった一番の原因は、江戸時代にあった「寺請け制度」が大きな理由と言われています。寺請け制度によって全ての民衆は檀家にならなくていけなかった事から、必然的に葬儀は仏教形式が普通になっていました。

ところが、全国平均で47万3000円ともいわれる葬儀のお布施をはじめ、葬儀後の供養についても莫大な費用がかかる仏教形式の葬儀と供養は、少子高齢化によって跡取りがいない日本において、すでに継続できないものになりつつあります。
下の表は、一般的な仏式葬儀を行い、その故人の弔い上げと言われる33回忌まで供養を続けた場合の費用一覧ですが、なんと総額800万円もの金額がかかるのです!
仏式供養にかかる費用

こうした現実から、そして、そもそも仏教を信仰しているわけではない方の増加によって、最近は無宗教形式のお葬式が非常に増えていると言われています。

無宗教形式のお葬式、想送式とは

無宗教形式のお葬式、想送式(そうそうしき)では、今までイメージしにくかった無宗教形式のお葬式を確立させ、どなたでも想像しやすいお葬式のカタチを確立させました。
想送式では、故人の思い出を振り返り、語り合い、「皆で大切な人を送ったよ」という証を残すお葬式のカタチです。

想送式イメージビデオ
[画像をクリックすると想送式のイメージビデオがご覧頂けます]

葬儀の役割とは 残された人が一日も早く別れの痛みから回復し、前を向いていくきっかけとなること です。この役割を果たすためには、納得のお別れができる事が必要です。

仏教を信仰していない人・仏教の教えを知らない人にとっては、読経や焼香は意味を持たないでしょう。
でも、大切な人を偲び、思い出を振り返る温かな時間は、残された人にとって「良いお別れができたね」「いいお葬式だったね」と、納得を残す事ができるのです。
この納得感は、気持ちの切り替えに貢献し、前を向いていくきっかけとなるのです。
安心納得する女性

誰しも、自分亡きあとの家族が、いつもでも悲しみふさぎ込んでいて欲しくはないと思います。できれば、自分がいなくとも日常を取り戻し、幸せに生きて行って欲しいと願うのではないでしょうか?

今回のまとめ

お葬式は悲しいものです。悲しくないお葬式はありません。でも、故人の思い出にふれ、皆で語り合うお葬式であれば、悲しいけど、悲しいだけじゃないそんなお葬式もできるのです。

電話をかける(無料) 資料請求