宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

お香典返しの即返し。メリットデメリットをご紹介。

御香典返しには、大きく分けて二つの方法があるとされます。一つは、今まで一般的な方法とされた後返しとか忌明け返しと呼ばれる方法です。もう一つは、即返しと呼ばれる方法です。最近は葬儀社の方から即返しを勧められる事が多いと言われますが、即返しにはメリットデメリットがあります。今回のコラムでは、即返しのメリットやデメリットについて、お客様目線で解説していきたいと思います。

【目次】
お香典返しの方法。後返し
お香典返しの方法。即返し
即返しのメリットとは
即返しのデメリットとは
今回のまとめ

お香典返しの方法。後返し

お香典返しの方法として二種類の方法があると前書きしましたが、その一つである後返しについて解説したいと思います。
後返し、忌明け返しとも呼ばれるお香典お返しの方法で、一般的には49日法要(忌明け法要)が終わったタイミングで、お香典を出して頂いた方に返礼の品をお渡しする方法になります。お香典返しと言えば、もともとこの方法が一般的なお返しの方法でした。
葬儀が終わって一呼吸おいてからのお返しになりますので、お香典リストの整理、どんな品物をお返しするか選ぶ時間もあり、また、ギフト屋さんも選べますので、良い品や割引の覆いギフト屋さんを選ぶ事もできます。

基本的には喪家にとっても、お香典返しをうける方にもデメリットの無いお香典返しの方法と言えるでしょう。

お香典返しの方法。即返し

お香典返しのもう一つの方法として、即返しがあります。
この即返しとは、通夜や葬儀の当日に受付でお香典を出して頂いた方その場でお香典返しをお渡ししてしまう方法になります。
多くの即返しでは、1500円~2000円くらいの同一の商品を用意しておき、お香典を出して頂いた方の金額には関係なく全ての方にお返しをお渡しします。
最近は頂いた金額に合わせた商品や商品カード、カタログギフトなどをお渡しする方法もあるようです。
いずれにしても、葬儀後、後日のお返しではなく、通夜や葬儀受付の場でお返しを済ませてしまおうという方法になります。

即返しのメリットとは

葬儀スタッフ女性
即返しのメリットとは、何があるのでしょうか?
即返しのメリットは、基本的に1点だけです。ある程度の方にその場でお香典返しが完結する。
これだけが即返しのメリットと言えるでしょう。

即返しのデメリットとは

即返しのデメリットとは、何があるのでしょうか?
まず、即返しでは全ての方にお香典返しが完結しないという点です。1500円~2000円くらいの同一の商品を用意している場合、お香典返しとは半返し~1/3返しと言われますので、5000円くらいまでの御香典には対応できると思いますが、それ以上頂いた方には後日別途お返しが必要になります。
金額に応じた即返しもありますが、受付の手間と責任が大変増えるので、受付の方にとっては好ましくない方法となります。

また、即返しの場合、葬儀社が品物の手配をする事になりますが、この場合、商品の割引をして頂けることは基本的にありません。

香典帳の整理についても、仮に即返しでお香典返しが完結したとしても、整理が不要という意味ではないと思います。その意味では、お香典帳の整理手間が削減できる訳でもありませんよね。

同一の商品が基本ですから、お香典を出して頂いた方あわせた商品をチョイスする事もできません。

その他、後返しであればギフト屋さんが送料のサービスや、年賀状の欠礼ハガキサービスなどがよくあるサービスですが、即返しの場合はそれを受けられないというデメリットもあります。
葬儀で悩む女性

今回のまとめ

即返しは、正直な所「後返しは香典帳の整理が大変ですし、渡し漏れがあったり後からの作業が大変ですよ」というセールストークで、売上をあげようとする葬儀社の手法で生まれたお返しの仕方になります。
もちろん、その場である程度はお香典返しが完結する事もありますので、それをメリットと思われる方は選択しても良いと思いますが、後返しの方が間違いなくメリットが多いので、よく検討して決められると良いでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求