宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

コロナ禍で1日葬が増えている?

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、葬儀の世界にも自粛ムードが広まっています。今までの葬儀は、通夜と葬儀の二日間がセットになった仏教形式の葬儀が多かったのですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、なるべく皆さんとの接触時間を減らす対策が取られており、1日葬が増えているという話もあるようです。1日葬は本当に増えているのでしょうか?また、そもそも1日葬とはどんなお葬式なのでしょうか?

【目次】
今までの葬儀は通夜・葬儀
新型コロナで進んだ葬儀の小規模化
1日葬とは
今回のまとめ

今までの葬儀は通夜・葬儀

今まで、いわゆる「普通」と言われている葬儀の形式は、お坊さんが来る仏教形式の葬儀で、その形式の場合、故人を送り出すための葬儀と、その前日の通夜とがセットになった、二日間必要とする形式でした。
今までは仏教形式の葬儀が多かったため、他の宗教形式の葬儀も全般に通夜・葬儀の二日間で構成される式が多いように思います。例えばキリスト教形式であれば、本来は行われないそうですが、日本の風習に合わせ通夜は「前夜祭」を行います。
神道形式の葬儀では、通夜は「通夜祭・遷霊祭」と呼ばれます。

通夜には通夜の、そして葬儀にはもちろん葬儀の意味があるのですから、今まで行ってきた訳ですが、仏教形式の葬儀において、もともと通夜は「式」ではなく、地域によってはお坊さんも来ずに地域の人たちだけで過ごすという習慣の所もありました。

新型コロナで進んだ葬儀の小規模化

2020年初頭から、世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、いわゆるパンデミックとなっています。世界各国で外出自粛が叫ばれ、ロックダウンと呼ばれる施策を講じる都市もたくさんありました。日本においても完全封鎖まではいかずとも、緊急事態宣言が発出され、多くのお店が休業に追い込まれて、実際に人の往来も一時はかなり削減させ感染拡大速度を少しゆるめる事には成功したと言われています。

そうした中で、葬儀においてもクラスター発生の事例があった事も踏まえ、各地で参列の規模を縮小するという動きが強まりました。
いわゆる「3密」を回避するためですね。

近年、日本の葬儀は家族葬が非常に増えてきていると言われています。家族葬とは、今でのように友人やご近所の皆様、会社関係の皆様など大勢の参列者に来て頂く葬儀ではなく、家族葬を中心とした近親者のみで執り行う小規模な葬儀です。
家族葬は、核家族化や高齢化、そして費用を抑えられるイメージなどが主因となって増加してきたと言われますが、この新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、家族葬で葬儀を行う割合は一気に増えたと言われています。

また、今までのように通夜・葬儀の2日間で行う形式ではなく、より接触時間を減らせられる「1日葬」も増加したと言われるのです。
コロナ_新しい生活様式

1日葬とは

1日葬とは、どんなお葬式なのでしょうか?1日葬は、単純に今までの通夜・葬儀の形式から、通夜を無くした形式になります。葬儀の日だけ儀式を行うという事ですね。
通夜を無くして大丈夫?と心配される方もいらっしゃると思いますが、そもそも仏教形式の葬儀に代表される宗教形式の儀式では、「それを信じるかどうか」という物です。ですから、通夜がなくて大丈夫なのか?と心配されるのであれば、1日葬は選択すべきではないと思います。

仏教形式・キリスト教形式・神道形式・その他の宗教形式であっても、それを信仰している方、つまり信じている方にとっては意味がある物と言えますが、信じていない方にとっては意味をなさないものです。仏教の信者がキリスト教式の葬儀をしたって意味がないと思われると思いますが、そういう事ですよね。

もともと意味や必要があって続いて来たものですから、それを無くすという事は、やはり良い事ではないのだと思います。

一方、もともと通夜という概念のないお葬式のカタチもあります。
それは、無宗教形式のお葬式です。無宗教形式のお葬式は、宗教的な儀式は一切ありません。宗教者が来ることもなく、式の内容は自由に決める事が出来るため、「自由葬」とよばれる事もあります。

想送式献杯1
想送式ピアノを弾く少女

宗教者がいないお葬式では、葬儀の時間を故人や遺族の想いを込めた自由な時間として過ごす事ができます。思い出のメモリアルムービーを作って参列者で鑑賞したり、遺品を飾って思い出を語り合ったり、故人がお酒好きであったのなら、葬儀の式中に献杯をしても良いでしょう。大好きなお孫さんがピアノを弾いてあげることも出来ます。
そうした自由で温かな内容にできるのが無宗教形式のお葬式の良い所です。
全国平均で47万3000円とも言われるお布施がいらないのもメリットと言えるでしょう。

今回のまとめ

安心納得する女性
コロナ禍において、葬儀の縮小化はますます進み、そして1日葬という葬儀の形態も実際に増えているようです。
しかし、葬儀の役割とは「残された人が一日も早く別れの痛みから回復し、前を向いていくきっかけとなること」です。この役割を果たすために、今まで必要としてきた儀式を削減して良いのかどうか、そもそもそれに意味があったのかなど、考え直してみる機会なのかもしれせんね。

電話をかける(無料) 資料請求