宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

家族葬ならお坊さんはなしでも良い?

最近は家族葬が大変増えています。家族葬は、小規模なお葬式である場合が多く、近親者のみであることから、肩ひじ張らず、あまり風習やシキタリなどにとらわれる事なく色々と自由になるイメージもあると思います。そんな家族葬なら、お坊さんはなしでも出来るのでしょうか?そもそも葬儀にはなぜお坊さんがいるのでしょうか?今回のコラムでは、家族葬ならお坊さんがいなくても大丈夫か?について解説していきます。

【目次】
お坊さんがいる葬儀は仏式葬儀
葬儀は信仰する宗教形式で
信仰する宗教がない方は
お坊さんのいないお葬式
今回のまとめ

お坊さんがいる葬儀は仏式葬儀

お坊さん
お葬式は、今まではお坊さんが来る葬儀が圧倒的に多かったのが事実ですが、このように葬儀にお坊さんが来て読経をするようなお葬式を、仏教形式の葬儀と言います。
仏教葬儀以外にはどんなお葬式があるのかと言いますと、キリスト教形式の葬儀や、神道形式の葬儀が代表的な宗教形式の葬儀です。対して、宗教色のないお葬式もあり、それは無宗教形式の葬儀となります。

葬儀は信仰する宗教形式で

葬儀スタッフのポイント注意
葬儀は、そもそもどんな形式で行うべきなのでしょうか?それは、基本的には信仰する宗教があれば、その宗教形式にのっとったお葬式を行う事が一般的です。つまり、仏教を信仰している方であれば、仏教形式の葬儀。キリスト教を信じている方であれば、キリスト教式の葬儀。
新興宗教でも葬儀様式を定めている所も多く、新興宗教であっても、信者の方はその宗教形式のお葬式をすることが一般的となっています。

では、信仰する宗教がない方はどうすれば良いのでしょうか?
そうした方は、無宗教形式のお葬式を行えば良いとされます。日本人は、ほとんどの方が「特定の宗教を信仰していない」と言われます。実際に、お坊さんのいないお葬式が実施したアンケート調査でも、実に90%以上の方が「特定の宗教は信仰していない」とお答えになっています。
宗教観に関するデータ
調査対象者_30代~70代の男女1万人 調査委託先:楽天インサイト

信仰する宗教がない方は

とくに信仰している宗教がない方は、無宗教形式のお葬式という選択肢があります。いままであまり多くの事例がなかったので、ご存知ない方も多いかもしれませんが、わりと昔から存在しているお葬式の形式です。
特定の宗教儀式ではなく、その内容を自由にできる事から、「自由葬」と呼ばれたり、「お別れ会形式」と呼ばれたりもします。

結婚式でイメージして頂ければご理解しやすいかもしれませんね。日本の結婚式は、もともと神道が一般的だったそうですが、今はキリスト教式が圧倒的に多く、約半数のカップルがキリスト教式で挙式されています。そして次に多い形式が、宗教色のない「人前式」だそうです。3割~4割のカップルが人前式で挙式されているそうです。
残りの数パーセントで神前式や仏式があると言われているようです。

お葬式にも、こうした流れが来ており、最近は特に仏教を信仰しているわけじゃないから 高額なお布施の意味が分からない 戒名に価値を感じないといった方が、無宗教形式のお葬式を選ばれています。
また、そうした意味だけでなく、昨今の少子高齢化によって「跡取りがいない」もしくは「跡取りに任せられない」ご家庭が非常に多く、今までのような供養のカタチを継承できないという現実もあるのです。

お坊さんのいないお葬式

お坊さんのいないお葬式では、日本で初めて「想送証明書(そうそうしょうめいしょ)」を活用した「想送式(そうそうしき)」を確立させた無宗教形式のお葬式になります。
想送式では、参列した皆様で「大切な故人をみんなで送ったよ」という証となる想送証明書にサインをし、ご家族や親しい友人などの近しい方だけで執り行うお葬式です。

宗教者がいないため、全国平均で47万3000円とも言われる高額なお布施も必要なく、葬儀費用が抑えられるといった費用面でのメリットのほか、大切な方との最後の貴重な1時間を、故人や遺族の想いを反映させた温かな時間として過ごす事ができます。

想送式について詳しくはこちら:想送式の流れ

今回のまとめ

家族葬は、参列する方が少ないために「自分達の希望の葬儀をおこないやすい」という利点があります。つまり、皆さんの理解・共感を得られやすいという事です。
家族葬だからお坊さんがいなくても良いのではなく、特に仏教を信仰しているわけでなければ、お坊さんのいないお葬式が最も適したお葬式という事なのです。

電話をかける(無料) 資料請求