宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

戒名料を安く抑えるには。2つの方法をご紹介

お布施が高い。戒名料が高い。お客様からよく聞く言葉です。葬儀にはお布施や戒名料が必要ということをご存知でしょうか?お布施も戒名料も多くの方が高いという印象を持っていると思います。そもそもお布施はどんな物なのか?そして戒名料とは何か?戒名料を安く抑える為にはどうすれば良いか?について、なるべく噛み砕いて解説していきたいと思います。

【目次】
そもそもお布施とは
そもそも戒名料とは
戒名料を安く抑える為には2つの方法
お布施も戒名料も全く不要なお葬式とは
今回のまとめ

そもそもお布施とは

葬儀お布施高額
そもそもお布施とは、いったいどんな物なのでしょうか?葬儀にはお布施が絶対に必要なのでしょうか?
皆さんがイメージされるお葬式は、多くの方が、お坊さんが来る仏教形式の葬儀をイメージされると思います。
最近は宗教者のいない無宗教形式のお葬式も増えてきていますが、まだまだ全体的には仏教形式の葬儀が多いため、葬儀=お坊さんと思っている方も多いと思います。
さて、葬儀にお坊さんを呼んで読経をして頂くと、御礼としてお布施をお支払いします。ちなみに、戒名を頂くと戒名料という名目で料金が発生しますが、本来はこの戒名料もお布施とするものになります。

このお布施、本来は葬儀を執り行って頂いた御礼や戒名をつけて頂いた料金ではありません。お布施とは、修行の一種なのです。布施行(ふせぎょう)と言い、財施(ざいせ)・法施(ほうせ)・無畏施(むいせ)の三種類と言われています。欲を捨て、必要としている人に施すという修行なのです。

ちなみに、葬儀や戒名を付けて頂いた事に対する御礼は、通常は現金でお支払いする為、金銭や物を施す財施にあたります。
ですが、本来の布施行の意味からすれば、本当は葬儀を執り行ってくれた事や、戒名を付けてくれた事に対する御礼ではないのです。あくまで、お坊さん個人ではなく、お寺や仏様に対する布施であるべきなのです。もう少し厳密に言えば、お坊さんの所属している宗教法人に対する布施と表現する方が正確だと思います。

もし、お坊さんが葬儀や戒名の料金としてお布施を受け取っているのであれば、それは宗教行為ではなく、商売になってしまいます。葬儀・儀式屋、戒名付け屋さんですね。
とはいえ、現実的にはそういたお布施本来の意味は置き去りにされ、お坊さんに葬儀の読経をして頂く、戒名を付けて頂く事に対する御礼が「お布施」とされているのです。

そもそも戒名料とは

葬儀に疑問の女性
戒名とは、仏道に入りお釈迦様の弟子になることを証する名前とされ、仏教形式の葬儀をされる方には必ず授けられます。宗派によって戒名ではなく、法名や法号と呼ぶところもあります。
この戒名は、もともとはお寺に対して今まで貢献してきた方、身分や徳の高い方に対して「授けられるもの」であり、「お金を出して買う」ものではありませんでした。ところが、いつしか「お金を出せば良い戒名がもらえる」という流れになってしまい、さらに多くのお坊さんもそれにしっかり乗っかって商売っ気を出してしまっているものですから、今では戒名の位に応じて価格設定がされ、さらには「〇〇さんは立派な人だから最高の戒名じゃなきゃだめですよ」とか、「今まで〇〇さんの先祖はこの戒名だったから、位を落としてはダメだ」などと、戒名について営業?をするお坊さんも多くいらっしゃるのが現実です。

戒名料を安く抑える為には2つの方法

戒名料を安く抑える為には、どうすれば良いのでしょうか?2つの方法がありますので、ご紹介します。

まず、檀家でありお寺(お坊さん)を変えられないケースの場合、戒名料を安くするには高い位の戒名を付けないことしか方法がありません。お坊さんに何を言われても「一番下の位の戒名で結構です」と押し切るのです。

次に、お坊さんとは今現在お付き合いをしていないけど、葬儀は仏教形式で行いたいし、戒名も欲しい。という方は、戒名やお布施がお値打ちな宗派を選ぶ事です。全国各地、そして各宗派によって葬儀や戒名料は異なりますが、一般的には本願寺系のお寺がお布施が安いと言われます。※本願寺系は戒名ではなく法名と言います
もっと言えば、インターネットで頼めるお坊さんもお値打ちですし、インターネットで頼んだ戒名は本当に安いです。葬儀社の一般的な感覚で言えば、びっくりするくらい安いと思います。

ちょっと余談になりますが、「戒名料を安くしたいなら、戒名無しでいいじゃん」と思われる方もいらっしゃると思いますが、これは基本的には意味がない行為です。意味がないというのは、戒名を付けてもらわないなら、そもそも仏教形式で葬儀をする意味がないという事です。仏教葬儀は、仏の世界に故人を送り出す儀式ですから、仏の世界で必要とされる戒名がないという事を良しとするのであれば、お経も無くてもいいんじゃないの?となっていくからです。

とはいえ、そう思われるお客様も実際にいらっしゃいますし、お坊さんも「戒名なしでもやりますよ」と言われる方も多く、実際には戒名無しで葬儀をする事はよくあります。

お布施も戒名料も全く不要なお葬式とは

お坊さんと付き合いがない、お寺との関係がない、そして戒名は無くても良いと思われるのであれば、そもそもお葬式を仏教形式で行う必要がありません。
葬儀は、何か宗教を信仰している人が選択する「宗教形式のお葬式」と、特定の宗教を信仰していない人が選択する「無宗教形式のお葬式」とがあります。
結婚式にもキリスト教式や神道形式の他に、最近人気の「人前式」がありますよね。人前式は無宗教形式の結婚式です。

このように、特定の宗教を信仰していないのであれば、葬儀にお坊さんを呼んで仏教形式の葬儀を行う必要はなく、無宗教形式のお葬式で執り行えば良いのです。

無宗教形式のお葬式では、宗教者がいないため、お布施などの礼金は一切必要ありません。もちろん、戒名もありませんので戒名料も不要です。法事など後々の供養に関する負担も一切ありません。

無宗教形式のお葬式では、葬儀の時間を自由にする事ができるため、故人の思い出を振り返るメモリアルムービーを上映したり、お別れの言葉をのべたり、お孫さんにピアノを弾いてもらったり、故人や遺族の想いを反映する事ができるお葬式のカタチです。
想送式ピアノを弾く少女
想送式献杯1
家族や親しい方だけが集まって、大切な人を送る最後のお別れの時間を過ごす。温かで穏やかな時間として過ごす事ができるのです。

無宗教形式のお葬式:想送式

今回のまとめ

仏教葬儀の意味や、各宗派によって異なる考え方、お布施や戒名料の意味などを考えた時、本当に自分達に必要な葬儀のカタチであるかどうか、考えてみる必要があるのではないでしょうか。
特に今は、少子化によって「跡取り」がいないご家庭が増えています。
仏教形式の供養は、葬儀だけでは完結しないため、後々もそれを継承していけるかどうかも、大切な判断基準と言えるのではないでしょうか。

こちらのコラムもよく読まれています:無宗教のお葬式のメリットとは

電話をかける(無料) 資料請求