宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

無宗教のお葬式のメリットとは

最近は特定の宗教を信仰していない方が多く、葬儀も無宗教形式のお葬式で行う方が増えています。今までは、お坊さんを呼んで行う仏教形式の葬儀がほとんどでしたが、その流れが変わりつつあるのです。それは、日本人のほとんどの方が無宗教という事が第一の理由です。そして従来の供養方法には大変費用がかかるという側面もあります。今回のコラムでは、たくさんある無宗教形式のお葬式のメリットについて解説していきます。

【目次】
無宗教形式のお葬式とは
今まで仏教葬儀が多かった訳
無宗教形式のお葬式メリットをご紹介
無宗教形式のお葬式の注意点は
今回のまとめ

無宗教形式のお葬式とは

無宗教形式のお葬式とは、どんなお葬式なのでしょうか?今まであまり聞いた事がないという方も多いと思います。無宗教形式のお葬式とは、お坊さん呼んで行う仏教形式の葬儀や、神主さんが来て行う神道形式、牧師さんや神父さんが来て行うキリスト教形式などの宗教形式のお葬式ではなく、そうした宗教色のないお葬式の事を言います。
今までは仏教形式の葬儀が多かったため、あまりメジャーなお葬式の方法ではなかったのですが、近年は特定の宗教を信仰していない方が非常に多いため、無宗教形式のお葬式も大変増えてきています。無宗教形式のお葬式は、少ないとはいえ昔からありまして、宗教色がなく自由な内容に出来ることから「自由葬」とか、「お別れ会形式」などと言われるお葬式のカタチになります。
想送式
無宗教形式のお葬式、想送式とは

今まで仏教葬儀が多かった訳

今まで仏教形式の葬儀が多かったのは、どんな理由があったのでしょうか?それは、遡ること江戸時代、幕府より寺請け制度という制度が制定された事が発端とされます。それまでも檀家制度はありましたが、寺請け制度によって民衆は「必ずお寺に所属しなくてはいけない」とされました。この制度の目的はキリスト教の弾圧や、民衆の管理であったとされますが、これによってお寺は民衆の管理をする義務を負う代わりに、供養領域を独占する事に成功します。この制度によって民衆は檀家になり、葬儀などの供養はお寺が行う仏教形式の葬儀が主流になっていきました。
寺請け制度自体は明治政府によって廃止されますが、檀家制度はそのまま継承され、現在まで何となく続いているのです。
こうした事から、特に仏教を信仰している訳ではなくとも、先祖代々その形式で葬儀が行われてきたことから、お葬式にはお坊さんが来て読経をするものというイメージが刷り込まれてしまってきた為です。
お坊さん
これは、葬儀を依頼するお客さまも勿論ですが、葬儀社のスタッフも同様に「葬儀=仏式」と思ってしまっていることから、お客様に無宗教形式のお葬式をお勧めする事もあまりなかったという現実があるのです。

無宗教形式のお葬式メリットをご紹介

無宗教形式のお葬式には多くのメリットがあります。一つずつご紹介していきます。
①お布施が不要
無宗教形式のお葬式では、宗教者を呼ばないためお布施などの宗教者への礼金が一切不要です。お坊さんに対する御礼であるお布施は、全国平均で47万3000円とも言われていますので、お葬式費用の負担を大きく削減する事が可能です。

②葬儀の時間を自由にできる
無宗教形式のお葬式では、葬儀の時間を自由にすることが可能です。仏式に限らず、宗教形式のお葬式はその時間のほとんどが宗教儀式になります。しかし、葬儀の時間は故人と過ごす事ができる最後の貴重な一時間です。この時間を、故人との思い出を振り返ったり、思い出を語り合ったり、故人がして欲しかったこと、故人の為にしてあげたい事をしてあげられる事は、大きな納得感につながるのです。

③宗教者やシキタリに気を使わなくて良い
慣れない葬儀の中で、専門用語や作法に気を使う事は、かなりの心的負担になります。大切なご家族を亡くされた深い悲しみの中、今まで会った事もない宗教者と会話をしたり、色々決め事をしたり、宗教作法をすることは大変の事です。もちろん、その宗教を信仰しているのであれば、それは負担とは思わないと思いますが、その宗教を信仰していない方にとっては大きな負担となるのです。

④数百万円にもなるとされる葬儀後の供養にも費用がかからない
特に仏教形式の葬儀を行った場合、葬儀の後も初七日から始まって49日法要(忌明け法要)や一周忌、三回忌など法要が続いていきます。こうした法要にも都度お布施は必要ですし、お寺とお付き合いを続けて行くという事は、檀家としての負担もかかってくるのです。
下の表は、一般的に「弔い上げ(これで故人の供養は区切りですよ)」とされる33回忌までお寺に供養を依頼した場合の一覧表です。
仏式供養にかかる費用

宗派や地域によって金額や内容は異なるものの、大変な負担が遺族にかかる事がお分かりいただけるのではないでしょうか。

無宗教形式のお葬式の注意点は

それでは、無宗教形式のお葬式に注意点はないのでしょうか?
基本的には特にありません。日本では信教の自由が法律で定められており、どの宗教を信仰する事も、逆にどの宗教も信仰しない事も自由なのです。そのため、宗教形式の葬儀を行わなくていけないという事もありません。

とは言え、あえて注意点を申し上げれば、
・先祖のお墓が「お寺の檀家専用墓地」にあり、今後もそのお墓に埋葬していく予定の方。
・親戚から無宗教形式のお葬式をする事にご理解を頂けない可能性のある方。
上記2点に該当する方は、少し注意が必要です。
もちろん、どの形式で葬儀をするかは完全に個人の自由ですから、無宗教形式のお葬式をする事自体は全く問題がありませんが、特にお墓の問題はお寺とトラブルになり、そのお墓には納骨できない可能性もあります。とはいえ、無宗教形式のお葬式をされた方がお寺の敷地内にある檀家用墓地に納骨するのも少し違和感があると思いますので、別の永代供養などのお墓に納骨される事をお勧めします。

今回のまとめ

無宗教形式のお葬式は、これからのお葬式のカタチです。日本人は多くの方が特定の宗教を信仰していないと言われます。実際の調査でもそれは証明されており、それであれば形骸化され負担も大きい今までのお葬式を選ぶ必要はなく、本当に故人を想い、最後のお別れが「納得」できるものになるお葬式が選ばれていくのだと思います。

電話をかける(無料) 資料請求