宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

お経は好きじゃない人が選ぶ葬儀とは

葬儀にはお坊さんに来ていただき、読経をしていただく葬儀仏教形式の葬儀普通だと思っていらっしゃる方が非常に多くいます。お坊さんがくる葬儀は「仏教形式の葬儀」ですが、キリスト教形式の葬儀もありますし、神道形式の葬儀もあります。基本的にはそれぞれ信仰する宗教形式の葬儀を行う事が本来なのですが、日本は不思議と葬儀と言えばお坊さんが読経するものという感覚が根強いですね。では、お経が好きじゃない人はどんな葬儀が理想なのでしょうか?

【目次】
読経がある葬儀は仏教形式
お経が好きではない人が選ぶ葬儀とは
無宗教形式のお葬式の注意点
無宗教形式のお葬式のメリット
今回のまとめ

読経がある葬儀は仏教形式

葬儀で読経をする形式は仏教形式の葬儀になります。つまり、仏教を信仰する人の葬儀ですね。
葬儀には、宗教形式の葬儀無宗教形式の葬儀と2種類の形式があります。どちらを選択するかは完全に個人の自由なのですが、何か信仰する宗教がある人は、その宗教形式の葬儀をする事が一般的でしょう。
つまり、仏教を信仰している人は、仏教形式の葬儀を執り行いますし、キリスト教を信仰している人は、キリスト教形式の葬儀を執り行います。
このように、本来は信仰している宗教の形式で結婚式や葬儀を行う方が多いのですが、日本では長年続いた檀家制度によって、特に仏教を信仰している訳ではないという方も特に疑問なく葬儀にはお坊さんを呼んで仏教形式の葬儀を行っています。

これは、江戸時代に始まった寺請け制度が発端で固定化された文化のためだと言われています。
寺請け制度では、国民は必ずどこかのお寺に所属(檀家になる)しなくてはいけないとされ、お寺は住民の管理を義務付けられる代わりに供養分野を一手に引き受ける事に成功します。
その文化は、明治政府によって寺請け制度が廃止された後もそのまま継続され、現代まで何となく続いています。

何となくと表現する理由は、皆さんに「自分檀家としてお寺との付き合いを続けていくんだ」と、わざわざ意思確認などをする事なく継承されているからです。
お寺に先祖代々のお墓がある方は特にそうでしょう。お寺との付き合い(檀家)は、自由意志で選択するとかしないとか考える事もなく、「そういうもの」として受け継がれてきた為です。
そんな理由から、今まで日本の葬儀はその多くが仏教形式の葬儀で行われてきたのです。

ところが、近年はそうした感覚が現代人の考え方や感覚とマッチしなくなっている事に加え、現実的にそうした今までの供養は継承出来ない人が増えているという問題があるのです。
まずは宗教観の稀薄化です。日本人は太古から八百万の神々を信じるという民族ではありますが、一方で特定の宗教は信仰していない人が大半な国民性でもあります。
下のグラフは、お坊さんのいないお葬式が独自に実施したアンケートになりますが、30代~70代の男女1万人が特定の宗教は信仰していないと答えられています。
宗教観に関するデータ
2019年11月_調査委託先:楽天インサイト

こうした宗教観の稀薄化という問題に加え、現実的な問題としては継承者不足があります。
日本は人口置換水準と言われる出生率2.07を割り込んでから、既に数十年が経過しています。つまり、全ての家庭に跡取りがいない状態が続いているという事です。また、仮に長男など跡取りがいらっしゃったとしても、出生地に継続居住するとは限らない時代です。都市部に出てしまった、お嫁さんの実家やその近くに家を構えた、海外にいる、そんな方は少なくないでしょう。
そうした現実からも、今までの供養のカタチは維持していけないという事が現実に起こり始めているのです。

お経が好きではない人が選ぶ葬儀とは

では、お経が好きでない人が選ぶ葬儀とはどんな葬儀なのでしょうか?お経が好きではなない=仏教は信仰していないという事だと思います。
もし、仏教以外の宗教(キリスト教や神道など)を信仰しているのであれば、その宗教形式のお葬式をすると良いと思います。しかし、とくにどの宗教も信仰していない人は、無宗教形式のお葬式を行えば良いのです。
無宗教形式のお葬式とは、自由葬とかお別れ会形式の葬儀など言われ、古くから存在はしています。芸能人のお葬式などは特にこの無宗教形式のお葬式である「お別れ会形式」で行われているという印象です。
お坊さんなど宗教者が来ることがなく、儀式の時間は自由に決める事ができるため、自由葬とも呼ばれます。

無宗教形式のお葬式の注意点

無宗教形式のお葬式を行うには、何か注意点があるのでしょうか?
基本的に「特定の宗教を信仰していない」のであれば、何も問題はありません。ただ、やはりまだ多くのお葬式がお坊さんが来る仏教形式の葬儀で行われている事は確かですから、「お葬式にはお坊さんが来るものでしょ?」と思い込んでいらっしゃる方が多い事も事実です。
そうた方から「こんなお葬式でもいいの?」と疑問や心配をされるケースもあります。

また、先祖代々のお墓が、お寺の檀家専用の墓地にあり、そこに今後も納骨をしていこうと考えていらっしゃる場合は、お坊さんとトラブルになる可能性もあります。

無宗教形式のお葬式のメリット

無宗教形式のお葬式には、どんなメリットがあるのでしょうか?
・宗教者がいないので、お布施などの礼金が不要
葬儀にお坊さんを呼ぶと、お布施と呼ばれる御礼が必要になります。このお布施、全国平均で47万3000円とも言われています。他の宗教もお布施という名称でないだけで、やはり同様に宗教者に礼金が必要になります。
無宗教形式のお葬式では、こうしたお布施が全く必要ないという大きなメリットがあります。

・葬儀の時間を自由に使える
お坊さんが来る仏教形式の葬儀に限らず、宗教形式の葬儀では、その葬儀の時間の大半が宗教儀式になります。そのため、お別れや、故人を偲ぶために何かしてあげたいと思っても、なかなかその時間を確保することが出来ません。

・宗教者の都合を気にしなくても良い
葬儀日時を決定する為に、宗教者の都合が影響する場合があります。無宗教形式のお葬式では宗教者がいないため、遺族の希望の日時で葬儀を行う事が可能です。
※火葬場や葬儀場の条件は影響します。

・宗教者や宗教作法に気を使わなて良い
お坊さんなど宗教者の方や、専門の作法に慣れている方はあまり多くありません。葬儀をその宗教形式で行えば、専門用語や作法があり、深い悲しみの中そうした所にも気を使わなければいけないのは、精神的に負担になります。
無宗教形式のお葬式では、そうした心配をする必要がないため、大切な方とのお別れに集中する事が出来るのです。

・葬儀後の供養負担もない
お坊さんに来て頂く仏式葬儀をするということは、基本的にその後の供養(法事)やお寺との付き合いを続けて行かなければいけません。この供養やお寺とのお付き合いにかかる金額は、「弔い上げ」とされる33回忌まで続けていくと数百万円以上にもなると言われます。
無宗教形式のお葬式を選択された場合は、そうした葬儀後の供養も一切費用は発生しませんので、残された方や次の世代に負担を残す事はありません。

今回のまとめ

今までの日本のお葬式は、多くが仏教形式の葬儀で行われてきた為、それが常識のようになってしまっていますが、本来は信仰する宗教があればその形式で葬儀を行うことが良いとされますし、信仰する宗教がなければ「何でもいいからお坊さん呼んでおくか」ではなく、無宗教形式のお葬式で行えば良いのです。
なぜなら、信仰していないのであれば、その宗教形式で葬儀を執り行う意味がないからです。

今後は、供養の継承者問題も含め、本当に意味ある葬儀が望まれていく時代です。
葬儀の役割とは「残された人が一日も早く別れの痛みから回復し、前を向いていくきっかけとなること」ですから、「自分達にとってそれを叶えられる葬儀とはどんな葬儀なのだろう?」という事を、しっかりと考え、最良の選択をして頂きたいと思います。

継承者がいなくてお墓の未来が心配な方はこちらをご覧ください:お墓じまい支援サービスをご案内出来るようになりました!

電話をかける(無料) 資料請求