宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

葬儀の準備

葬儀の現場で困ること 万が一の時はどこに頼んだらいいの?【搬送の手配】

葬儀に慣れている方はほとんどいません。そのため、身内にご不幸があった時、そこから始まる葬儀の段取りをどうして良いのか分からない方がほとんどでしょう。
最近では病院でお亡くなりになる方が大半です。ご不幸が発生した時にまず困ることは「どこに葬儀を頼んだら良いのか?」ということです。
ここでは、そんな疑問にお答えしていきたいと思います。

【目次】
1.病院で亡くなった時にまず起こること
2.葬儀社を決めていない場合は?
3.どんな所に頼むと良いの?
4.まとめ

病院で亡くなった時にまず起こること

病院
一般的に病院で亡くなった場合、あまり長時間そこに滞在することができません。通常は看護師さんや病院職員の方に「すぐに葬儀社さんに依頼してください」と言われます。
大切な方が亡くなった直後に、手早くその段取りができる方は多くないと思いますが、そういうものなのです。
ある程度大きな病院ですと、多い日は一日に何名もの方が亡くなられます。しかし、多くの病院で備えられている霊安室は多くて2部屋程度です。1部屋しかないところも珍しくありません。そういった事情もあり、亡くなった方は可及的速やかに病院を出ていけるようにしなくてはならないのです。

そこで、ご遺族の方がしなくてはいけないのが「搬送の手配」になります。
一般的には葬儀を依頼する予定の葬儀社に搬送のお願いをします。事前に決めてある葬儀社に依頼するのが一番スムーズですが、全ての方が事前に葬儀社を決めていることはありません。むしろ、どこも決めていない人の方が多いでしょう。葬儀は日常的に発生する事ではないため、事前に葬儀社や葬儀場を決めている方はそれほど多くないのが現実です。

葬儀社を決めていない場合は?

では、事前に葬儀社や葬儀場を決めていない方はどうすれば良いのでしょうか。
その場合、たいていの病院には近隣葬儀社のリストがあり、その中から選んで連絡を取ってくださいと言われるケースが多いと思います。

また、最近は多くの方が携帯電話、特にスマートフォンをお持ちですから、その場で葬儀社や葬儀場を探される方も多いと思います。
ここで注意しなければいけないのは、病院指定の葬儀社がある場合です。
大病院ですと、病室から霊安室の移動を提携葬儀社のスタッフが行っているところもあったり、病院から提携葬儀社に紹介が成立すると病院側にキックバックが発生したりする所もあります。

もちろん、紹介を受けたり病院と提携している葬儀社や葬儀場が全て悪いわけではありませんが、必ずしも希望通りの葬儀場であったり、葬儀プランが実施できるとは限りませんので注意が必要です。

どんな所に頼むと良いの?

お葬式
事前に葬儀社を決めていない方は、どんな所に搬送の依頼をすると良いのでしょうか。事前に決めていない方の場合、次の二つのポイントについて考えましょう。一つは、「どの葬儀社に頼むか」そしてもう一つは「どんなお葬式がしたいか」です。

どの葬儀社に頼むかというところにおいて、まず知っておかなければいけないことがあります。それは、葬儀社は大きく分けて二種類の運営形態があるということです。一つは、会社の規模は大小様々ではありますが、リアルな葬儀社です。そしてもう一つは、最近存在感を増してきているインターネットで葬儀の紹介をしているポータルサイトの葬儀社(以下葬儀系ポータルサイト)になります。葬儀系ポータルサイトは、葬儀(搬送)をお願いすると提携している地域の葬儀社が対応する仕組みになっています。一方、リアルな葬儀社は直接葬儀を請け負います。

では、どちらが良いのか?と言いますと、実は一概には言えません。それぞれについて以下で詳しくご説明します。

リアルな葬儀社について

リアル葬儀社に依頼する場合、直接その葬儀社が受注する為、紹介手数料や中間マージンが発生せず、料金に見合ったサービスが受けられると考える方も多いと思います。
もちろん、その通りの部分もあります。

しかし、葬儀社の葬儀プランは各社それぞれ設定されており、いわゆる“全国的な基準”というものはありません。葬儀プラン一式に含まれる内容も各社違っており、その違いは何十年も業界にいるベテランでも簡単に説明するのは困難です。

葬儀系ポータルサイトについて

葬儀系ポータルサイトは、地域限定のサイトでない限り、全国一律の葬儀プランで展開していますので、料金の差で迷ったり悩んだりする必要がありません。むしろ、全国の葬儀社が一律で提供できる価格帯で葬儀プランを構成しているということは、ある意味適正価格とも言えると思います。どちらが良いかは簡単には比較できませんが、「葬儀社を比較する」という目線で見た時は、間違いなく葬儀系ポータルサイトの方が「分かりやすい」ということが言えるでしょう。

このようにリアルな葬儀社と葬儀系ポータルサイトには大きな違いがあるため、それぞれの特徴をよく理解した上で選ぶ必要があります。

次に、葬儀社を選ぶ際のもう一つのポイントである「どんなお葬式をしたいか」についてご説明します。

最近の葬儀では従来一般的と行われてきた“仏式葬儀”ではなく、無宗教形式のお葬式が増えつつあります。
もちろん、まだまだ仏式葬儀(お坊さんを呼ぶ葬儀)が多いのですが、都市部を中心にかなりの速度で無宗教形式の葬儀は増えています。これは、一般の葬儀であっても家族葬であっても同様です。むしろ、家族葬の場合の方が無宗教形式の葬儀は多い場合があると思います。

しかし、まだまだ仏式葬儀の方が多いのは事実ですので、無宗教の葬儀を専門としたり、得意とする葬儀社はあまり多くないのも確かです。
近年では、宗教観があまり強くない方が多数を占め、また、今まで日本が伝統的に続けてきた供養のカタチを継続できなくなりつつある実情もあり、無宗教形式の葬儀「お坊さんのいないお葬式」を望まれる方が非常に増えています。こうした葬儀を行いたいと思う場合は、対応できる葬儀社に依頼する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。葬儀は色々と時間のない中で考えなくてはいけないことが多く、非常に大変だと思いますが、病院で逝去されたあとは、まず葬儀を依頼する予定の葬儀社に電話で依頼をしましょう。また、いざ葬儀が必要となった際に困らないように事前にある程度の情報収集をしておくことも大切です。

電話をかける(無料) 資料請求