宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

供養

永代供養をしても一周忌はできるの?理由や費用相場もご説明

近年では、「お墓を管理できる継承者がいない」「遺族や親族に自分の死後迷惑を掛けたくない」という事情から、終活をしている人の中には供養方法として永代供養を希望するケースが増えてきました。
とはいうものの、遺族の立場から考えれば例え永代供養をしたからといっても、自分たちでも供養をしたいと考える方もいるでしょう。
今回は永代供養をした場合でも一周忌はできるのかについてご説明していきます。

【目次】
1.永代供養とは?
2.永代供養の場合でも一周忌はできる?
3.永代供養でも一周忌をするメリット
4.永代供養で一周忌をする場合の費用相場
5.今回のまとめ

永代供養とは?

永代供養とは、遺骨の管理や供養の一切を霊園や寺院に委託することです。
現代では、お墓の管理を頼める親族がいない、いたとしても遠方に住んでいるため頻繁な管理ができない、お墓に対する興味が薄いなど、現実として個々のお墓を自分たちで管理することが難しい状況があります。
永代供養の場合、契約時に永代供養料を支払うことで、その後の供養やお墓の管理を個々で行う必要がなくなるため、そうした問題が解決されます。

永代供養の場合でも一周忌はできる?

先ほど、遺骨の管理や供養の一切を霊園や寺院に委託するのが永代供養であるとご説明いたしました。そのため、一周忌をしたいと思っても供養を一任している以上、「自分たちで一周忌を行うのは不可能なのではないか」と考える方もいるかと思います。しかしながら、永代供養をした場合でも故人を供養することはなんら問題ありませんので、永代供養先に相談の上、一周忌を行ってください。

永代供養でも一周忌をするメリット


永代供養をお願いしているとはいえ、一般的には可能であれば一周忌に限らず年忌法要を行った方がよいとされています。そのメリットをご紹介いたします。

メリット

極楽往生に繋がる

日本では葬儀のほとんどが仏式で行われています。仏教では故人が亡くなった後、遺族や親族等が追善供養をすることにより、それが故人の代わりの善行として極楽浄土にいくことに繋がるとされています。そのため、仮に永代供養をお願いしていても年忌法要は遺族・親族を集めて行う方がよいでしょう。

遺族・親族の絆が深まる

回忌法要は一・三・七・十三・・・と数年に一度行われます。法要や法事を機会として遺族や親族が集まって故人との思い出話をするだけでも供養になりますし、いかに遺族や親族といえども、ずっと会わないままだと関係も希薄になっていきます。回忌法要を絆を深める機会としてもよいのではないでしょうか。

永代供養で一周忌をする場合の費用相場

永代供養を利用して一周忌をした場合の費用相場をご説明いたします。まず、一周忌法要には会場費(自宅利用の場合は無料)・会食費・お布施が最低限必要になってきます。
そのため、目安としては会場費が約50,000円、お布施が約30,000~50,000円、会食費は参列者×3,000~10,000円と考えてください。
なお、これらはあくまで目安のため、実際に法要を行う時は事前に確認するのが一番です。
また、年忌法要毎にお布施の適正相場が変わりますので、その点にも注意してください。

今回のまとめ

今回は、永代供養をした場合でも一周忌をしてもよいのかについてご説明してきました。仏教には遺族・親族等が追善供養を行うことで、故人が極楽浄土に行くことができると考えられています。そのため、永代供養として霊園や寺院任せにしていても、重要な回忌法要だけは行うことをお薦めいたします。

【関連記事】
永代供養をしたらお供えはできないの? 永代供養後の参拝方法を紹介
家族だけで永代供養できる! 家族墓で行う永代供養

電話をかける(無料) 資料請求