宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

供養

樹木葬で押さえておきたいと利点と欠点

樹木葬は、樹木をシンボルとしてお墓を作る埋葬形態です。
基本的にお墓を継承する必要がなく、豊かな自然に囲まれて眠るというイメージのよさから人気が高まっています。
しかし、どんなものにも欠点はあるということを忘れてはいけません。
ここでは樹木葬の利点と、ポジティブな話題の陰に隠れがちな欠点について解説します。

【目次】
1.樹木葬の利点
2.樹木葬の欠点
3.樹木葬に向いている人とは?
4.今回のまとめ

樹木葬の利点

まずは樹木葬のメリットから見ていきましょう。従来型のお墓と比べて、どのような点が優れているのでしょうか。

継承が不要

樹木葬墓地の維持管理は、すべて管理者が行ってくれます。
そのため、お墓を継承する必要がなく、後継者のいない場合でも安心です。

費用が安い

従来型のお墓を新たに作る場合は、安くても150万円~200万円程度かかります。
しかし樹木葬なら、平均50万円程度でお墓を用意できるのです。

自然に囲まれて眠れる

豊かな大地や木々に囲まれた場所に埋葬されるため、死後は自然に帰りたいという方におすすめです。

宗教・宗派を問わない

樹木葬墓地はお寺が運営している場合も含め、宗教・宗派を問わず受け入れてくれることがほとんどです。宗教と関係ない形で埋葬されたい方でも利用できます。

樹木葬の欠点

次は、樹木葬のデメリットを列挙してみましょう。自分にとってどの程度の影響があるのか、よく考えてみてください。

イメージと違うことがある

樹木葬墓地は多種多様で、1人につき1本の木を使ったものや里山をそのまま利用したものもあれば、花壇に近いものもあります。
また、夏は青々と葉が茂っていても、冬は葉が散って寂しい雰囲気になる場所もあるのです。
イメージと実態のギャップには注意しなければなりません。

いずれは合祀される

個人墓タイプの樹木葬でも、永久にその状態が続くわけではありません。大抵は十七回忌や三十三回忌に合わせて合葬墓に移され、遺骨を取り出すことができなくなります。

親族の理解を得られないことがある

樹木葬は新しいタイプの埋葬方法なので、従来型のお墓にこだわる親族の理解を得られないかもしれません。
特に先祖代々のお墓を撤去して移行する場合は、十分な説明が必要でしょう。

交通の便が悪い場合あり

樹木葬墓地のうち、公園や花壇に近いタイプは街中にも作ることができます。
しかし、1人1本タイプは広い土地を必要とするため、主に郊外にしか作られません。里山をそのまま墓地として利用するタイプならなおさらです。
都心に住む方の場合、通うのが大変になる可能性があります。

お供え物が制限される

自然の中に作られている関係上、ろうそくや線香が使えなかったりお供え物を置けなかったりする場合があります。

樹木葬に向いている人とは?

樹木葬には、利点もあれば欠点もあります。
どちらを重く見るかは人それぞれなので、単純に従来型のお墓に優っているとも、逆に劣っているともいえません。
では、どのような方が樹木葬に向いているのでしょうか。
1番に挙げられるのは、やはりお墓の維持管理に悩んでいる方や、後継者がいない方でしょう。
先祖代々のお墓とはいえ、後継者がいなくなれば無縁墓となり、いずれは朽ち果ててしまいます。そのような場合は思い切って樹木葬に切り替え、自分自身も樹木葬墓地へ入った方が、結果として遺骨を守れるのです。
また、石のお墓に比べて費用が安く済むことが多いため、経済的な理由から樹木葬を選択する方もいます。無理に従来型のお墓にこだわって貯蓄を削るよりは、樹木葬を選択した方が安心して老後を過ごせるでしょう。
もちろん、大自然に囲まれて眠ることに強い憧れがある方にもおすすめです。
本人が強く希望するのなら、ある程度の欠点を飲み込んでも樹木葬を選択する価値はあるでしょう。お墓は誰のために作られるべきなのかを、よく考えてみてください。

今回のまとめ

樹木葬は、従来型のお墓に不満を持つ人も多いからこそ注目が集まっています。
しかし、手放しでもてはやすような風潮になった結果、欠点が見過ごされているのも否定できません。欠点は樹木葬のトラブルにも繋がりますので気を付けるようにしましょう。
樹木葬の利点と欠点をしっかりと理解し、正しい認識の下で選択肢に組み込んでください。

電話をかける(無料) 資料請求