宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

供養

お墓を建てる場合の費用の相場とは?

日本では、家のお墓を代々受け継いでいく習慣があります。
しかし、お墓が老朽化した時や遠方に引っ越した時、独立して実家を離れた時などは、新しくお墓を立てなければなりません。
お墓というのは、どのくらいお金のかかるものなのでしょうか。ここでは、お墓を新しく建てるための費用やその内訳、費用を抑える方法などについて解説します。

【目次】
1.お墓を建てる費用の相場は100万円~200万円
2.費用は立地やデザインに左右される
3.お墓の建立費用を抑えるためのポイント
4.今回のまとめ

お墓を建てる費用の相場は100万円~200万円

お墓を建てるための費用の相場は、100万円~200万円程度です。
ただし、さまざまな要因によって変動するため、一概には言えないところもあります。
また、墓石だけを購入すればいいわけではなく、他にもいくつかの費用がかかっているのです。費用の内訳を見ていきましょう。

墓石代

お墓のシンボルとなる墓石を作るための費用です。
大半は本体の価格ですが、墓石を設置するための工事の費用や、名前などを彫るための彫刻費用も発生します。お墓の総額費用の2/3程度は墓石代です。

永代使用料

墓地を使用するために、お寺や霊園に対して支払うお金です。
お墓の総額費用の1/3程度に当たります。
あくまでも土地を借りるためのお金であって、土地を購入しているわけではないことに注意してください。

管理費

墓地の維持管理のために、お寺や霊園に対して支払うお金です。
年間5000円~1万円程度が相場で、毎年納める場合もあれば、数年分まとめて納める場合もあります。

費用は立地やデザインに左右される

お墓の購入費用は、安ければ100万円以下に抑えられることもありますが、高いと200万円を上回ってしまうこともあります。
適切な価格のお墓を選ぶためにも、お墓の価格を決める主な要因を知っておきましょう。

立地と広さ

土地に余裕のない都市部では、郊外や地方に比べてどうしても土地の価格が高くなり、永代使用料もアップしてしまいます。
逆に、あまりにも街から離れた山間部などでも、墓地を整備するのに大きな費用がかかるため、やはり価格に反映されてしまうでしょう。
また、大きなお墓を建てようとすれば広い土地が必要になるため、結果的に永代使用料も高くなります。

規模とデザイン

お墓の形状は多彩で、中には非常にデザイン性に富んだものもあります。
複雑な形状のお墓を発注すれば、その分だけ墓石代も高くなるでしょう。
また、外柵や灯篭といった付属品をつければ、さらに価格がアップします。

石材の価格

お墓を建てるにあたっては、使用する石材の質も忘れてはいけません。
いい石材は耐久性が高く、長年経年劣化せずに美しい外観を保つことができます。
もちろん、優れた石材は価格も高いため、まったく同じデザインでも価格が跳ね上がることがあるのです。

お墓の建立費用を抑えるためのポイント

お墓の購入費用は、決して安いものではありません。
故人やご先祖様のための大切なお墓とはいえ、なるべく費用を節約したいのが多くの方の本音でしょう。
いいお墓をなるべく価格を抑えて購入するためには、どこに注目すればいいのでしょうか。まず考えるべきなのは、お墓をどこに建てるかです。
単純に永代使用料を抑えるだけなら、都市部ではなく郊外や地方の墓地を選べばいいとわかります。
とはいえ、「安価な遠方の墓地にお墓を作ったら、交通の便が悪くて通いにくくなった」などという事態は避けなければなりません。
なるべく複数の墓地を見学し、比較検討した上で決定するのが望ましいでしょう。
また、使用する土地の面積をなるべく小さくすることや、墓石をシンプルかつ小さめのデザインにすることも重要です。
費用をかけるポイントを絞れば、総額を抑えつつも立派なお墓を建てることができます。
もちろん、最終的に自分が納得できるかどうかが最も重要ですから、安さだけにこだわらず総合的に考えるようにしてください。

今回のまとめ

近年では、樹木葬や納骨堂といった、安価かつ継承不要のお墓が人気を集めています。
それでも、「やっぱり昔ながらの石のお墓がいい」と考える方は決して少なくありません。
理想的なお墓を建てるためにも、早い段階から準備を始め、立地やデザインなどを十分に検討しましょう。

電話をかける(無料) 資料請求