宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

供養

火葬で葬儀を執り行う際のメリットとデメリットとは?

日本で他界した人は、ほとんどのケースにおいて火葬されています。
あまりにも火葬が一般的になりすぎたため、火葬のメリットやデメリット、そして火葬以外の選択肢について考えたことのある方は、そう多くないのではないでしょうか。
ここでは、火葬のメリットとデメリットを確認し、日本で火葬が主流になっている理由について改めて考えてみましょう。

【目次】
1.火葬のメリット
2.火葬のデメリット
3.火葬の極端な普及がもたらしたもの
4.今回のまとめ

火葬のメリット

火葬のメリットは、大きく分けて2つあります。
そのどちらも、日本にとっては非常に有益なものです。2つのメリットを見ていきましょう。

土地を節約できる

火葬は、遺体を骨になるまで焼く関係上、埋葬のためにそれほど広い土地を必要としません。
そのため、墓地用の土地を節約することができます。
平地が少なく土地不足に悩まされがちな日本において、これは非常に大きなメリットといえるでしょう。
特に近年では、少子高齢化の進行によってお墓の継承・維持管理に負担を感じる方が増え、コンパクトな永代供養墓や納骨堂が人気を集めています。
こういった方法が使えるのも、遺骨だけを埋葬する火葬であればこそです。
地方はもちろんですが、土地の限られる都市部においては、火葬のメリットは最大限に発揮されます。

衛生的である

火葬のもう1つのメリットは、衛生面の問題がほとんどないことです。
遺体は死後すぐに腐敗が始まり、地面に埋めたとしても腐敗が止まることはありません。
悪臭や体液の漏出はもちろん、感染症の危険もあります。
火葬して骨だけになれば、こういった問題はほとんどなくなるのです。
もちろん、他の葬送形態も対策をしていないわけではありません。
土葬は腐敗を防ぐために血液を抜き、代わりに防腐剤を注入するなどの処理(エンバーミング)を行っているため、衛生面の問題はほぼ解決されているのです。
もっとも、防腐処理にはそれなりの手間がかかります。
この手間を省略できるのも、火葬のメリットの1つといえるでしょう。

火葬のデメリット

火葬には、当然ながらデメリットもあります。
普段はあまり注目されることのない、火葬の問題点を知っておきましょう。

燃料の消費と大気汚染

遺体を骨になるまできれいに焼き、ダイオキシンなどの有害物質を発生させないために、火葬は800℃以上の高温で行われます。
安定して高温を保つためには、十分な燃料(都市ガスや灯油など)が必要です。
そのため、資源を消費し燃料代もかかってしまうという問題があります。
また、燃焼による大気汚染もデメリットの1つです。
特に、ダイオキシンをはじめとする有害物質は、なるべく発生・飛散させないように注意しなければなりません。
もっとも、近年の火葬炉は非常に性能が高くなっているため、大気汚染は最小限に抑えられています。

設備を必要とし時間もかかる

江戸時代ごろまでは、野焼きに近い方法で火葬を行っていました。
しかし、現在の衛生・安全の基準を満たした火葬を行うには、相応の設備が必要です。
当然、設備のない場所では火葬は行えません。
また、1回につき60分~70分程度の時間もかかります。
そのため、災害などで対応の遺体が発生し、火葬場も使用不能になった時には、火葬は行いにくいのです。

火葬の極端な普及がもたらしたもの

日本でも、かつては土葬が主流の時代がありました。
しかし、火葬の割合はだんだん増えていき、1930年代には土葬の件数を上回り、現在では99%以上が火葬となっています。
それだけ火葬のメリットが大きかったわけですが、同時にデメリットも生んでしまいました。
それは、「そもそも火葬以外の選択肢が取りにくい」という現実です。
法律上、火葬と土葬は同列に扱われており、土葬が禁止されているわけではありません。しかし実際には、条例や墓地の規約の関係で、土葬を行えない地域が圧倒的に多いのです。
これは、土葬を強く希望する人(イスラム教徒など)にとっては非常に不便であり、改善を求める動きも見られます。
葬儀や埋葬のあり方が多様化していることもあり、今後は火葬以外の選択肢が増えていくかもしれません。

今回のまとめ

現在の日本において、火葬のメリットはデメリットを大きく上回っており、それゆえにここまで普及・発展したと考えられます。
今後も、よほど画期的な葬送の方法が開発されない限りは、火葬が主流であり続けるでしょう。
デメリットは今後改善されることを期待しつつ、安全な火葬が行えることに感謝し、故人を弔ってください。

電話をかける(無料) 資料請求