宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

供養

自宅の庭にお墓を建てることは可能なのか?

人が他界した時は、墓地にお墓を建てて埋葬するのが基本です。
近年では、樹木葬や納骨堂なども人気を集めていますが、特定の墓地に埋葬するという点は従来と変わりありません。
しかし中には、さまざまな事情によって「自宅の庭にお墓を建てたい」と考える方もいるでしょう。
今回は、自宅の庭にお墓を建てることの可否や、できない場合の代替手段について解説します。

【目次】
1.自宅の庭には原則としてお墓を建てられない
2.個人墓地を作るのもハードルが高い
3.手元供養や慰霊碑建立を検討してみよう
4.今回のまとめ

自宅の庭には原則としてお墓を建てられない

お墓の場所や形態は、さまざまな事情を考慮して決めるものです。
自宅の庭にお墓を建てる理由としては、以下のものが挙げられます。

・お墓参りや維持管理の負担を小さくしたい
・墓地の利用料を節約したい
・故人やご先祖様を身近に感じていたい

いずれも決して特別な事情ではなく、共感を覚える方も多いでしょう。
特に少子高齢化が進む昨今では、お墓参りや維持管理の負担は重要な問題です。
「自宅に作れるものなら作りたい」という方もいるかもしれません。
では実際のところ、自宅の庭にお墓を建てることは可能なのでしょうか?
結論からいうと、残念ながら原則としてできません。
なぜなら墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律)の規定により、墓地として定められた場所以外での埋葬は禁止されているからです。
仮に自宅を埋葬地として役所に届け出ても、まず許可されることはありません。
もし無断で自宅の庭に遺骨を埋葬すれば、たとえ合法的に火葬した遺骨であっても死体遺棄罪に問われ、3年以下の懲役に処される可能性があります。絶対に行わないようにしてください。

個人墓地を作るのもハードルが高い

自宅の庭にお墓を建てるのは不可能と聞いて、「そうはいっても、住宅の近くや田んぼの側に、ポツンとお墓が立っているのを見たことがある」と疑問を抱く方もいるでしょう。地域によっては、こういったお墓が見られるのも事実です。
これはどういうことなのでしょうか。
実は、これらのお墓は「個人墓地」と呼ばれるもので、文字通り個人(お墓の所有者)が運営者となっています。
大抵は、現在の墓埋法が制定される以前に作られたもので、墓埋法の規定を満たしてはいないものの、例外的に存在を認められているのです。
このような墓地を「みなし墓地」といいます。
では、現在の法律に則って、みなし墓地ではない個人墓地を新たに作ることはできるのでしょうか?
これも、まったく不可能というわけではないのですが、非常に難しいといわざるをえません。
確かに一部の地域では、個人墓地の設置を認めています。
代表的な地域は、岡山県津山市や広島県広島市、高知県安芸市などです。
しかし、近隣に利用可能な公共墓地がないこと、住宅から離れていることなど、多くの厳しい条件が設けられています。
したがって、自宅の庭にお墓を建てるのは、これらの地域でもまず不可能と考えていいでしょう。

手元供養や慰霊碑建立を検討してみよう

現在の日本の法律では、自宅の庭にお墓を建てるのは極めて難しいといえます。
しかし、代わりとなる手段がないわけではありません。
その代表的なものが「手元供養」です。
手元供養とは、遺骨を埋葬せずに自宅で保管して弔う方法をいいます。
もともとは、お墓が見つからない時などに一時的な手段として用いられていました。
しかし近年では、自宅にお墓を建てるのと同じような理由で、あえて手元供養を選択する方も増えているのです。
「埋葬」ではないため、市町村長の許可も必要ありません。
また、遺骨を納めるお墓とは別に、庭に慰霊碑を建てるという方法もあります。
遺骨を納めないのであれば「お墓」にはならないため、やはり市町村長の許可も必要なく、自由に建立することができるのです。
普段のお墓参りは庭で行い、お盆や命日にのみ墓地へ出かけてもいいでしょう。
ただし、家の外から見えてしまう形で建立すると、ご近所に迷惑をかける場合もあるため、十分に検討・相談してください。

今回のまとめ

本来、弔いのあり方というものは、できる限り自由であるべきです。
しかし、埋葬には犯罪・風評・衛生などの問題がつきまといますから、どこにでも埋められてしまうのは望ましくありません。
自宅の庭にお墓を建てられないのも、やむをえないことといえます。
幸いにして代替手段はあるので、そちらを検討してみてはいかがでしょうか。

電話をかける(無料) 資料請求