宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

供養

葬式を執り行う意味とは|故人を弔うという本質を考えるべき

人が亡くなれば当然のように営まれる葬儀ですが、実は法的に定められた義務ではありません。本記事では、それにもかかわらず営まれることが大半である葬儀の意味や本質に、複数の観点から迫ります。

【目次】
葬儀という弔いの儀式の各宗教の捉え方とは?
遺族や参列者にとっての葬儀の意味とは?
今回のまとめ

葬儀という弔いの儀式の各宗教の捉え方とは?

故人を弔うに当たり、何らかの宗教に則らなくてはいけないわけではありません。それでも実際には、宗教的儀式としての葬儀が営まれるケースがほとんどです。宗教的観点からの葬儀の捉え方はどのようなものなのでしょうか。

仏教での葬儀の意味合い

日本で営まれる葬式の9割以上が仏式です。仏教の視点から見て、葬儀は「故人の成仏を祈願しての供養」という意味合いがあります。成仏しない限り魂は迷いの多いこの世に生まれ変わり続けるとする輪廻転生(りんねてんしょう)の考え方のある仏教。
仏弟子としての名前である戒名をつけ、読経してその功徳が故人に振り向けられるように願うのは、故人が成仏するための助けとなるようにとの目的からです。(亡くなれば必ず成仏すると説く浄土真宗ではこの限りではありません)

神道での葬儀の意味合い

神道の考え方では、亡くなった人はその家の(時にはその地域あるいは国全体の)守り神となります。つまり、故人を守り神として迎えるための儀式の意味合いが神道の葬儀にはあります。

キリスト教での葬儀の意味合い

キリスト教では、信者は亡くなると神のみもとへと旅立ち、永遠の命を得ると説かれています。そのため、死は悲しむべきことではなく、むしろ喜ぶべきことというスタンスです。そういった前提でのキリスト教における葬儀は、故人ではなく神に祈りを捧げる意味合いがあります。なお、カトリックとプロテスタントでは祈りの内容が若干異なり、前者では故人の罪に対し神の許しを乞うために祈り、後者では故人の召天に際し感謝を捧げるために祈ります。

遺族や参列者にとっての葬儀の意味とは?

遺族や参列者にとって、葬儀とはどういった意味を持つ儀式といえるでしょうか。

故人の死を受け容れるための時間

大切な人の死を受け容れるには、時間がかかります。長患いの末の死でさえ平然と受け止められるわけではなく、ましてや突然の別れとなれば信じられない気持ちや納得の行かない気持ちなどが入り乱れ、故人がもう生きてはいないという事実をなかなか受け容れられないでしょう。弔いの儀式である葬儀は、その前後の慌ただしい葬儀までの流れも含め、故人の死を受け容れるための時間であるといえるでしょう。

残された者として歩み続ける覚悟を固める儀式

大切な人の死を受け容れるために必要なものには、時間の他に「勇気」もあります。残された遺族や参列者は、いつまでも悲しみに暮れているばかりではいられず、これからは故人のいない人生を歩んでいかなくてはなりません。ですから、たとえ悲しみは癒えていなくても前を向いて進んでいく、その覚悟を固めるための儀式であるともいえるでしょう。

故人への感謝の気持ちを積み残さないためのお別れの場

何があっても常に思いの底を流れている相手への感謝の気持ちは、日常の諸々の事柄の中に埋もれてしまい、きちんと言葉にして口にできていないことも多いものです。そんな感謝の気持ちを故人に伝えられる文字通り最後のチャンスが葬儀です。もちろん既に亡くなっている故人に感謝の言葉が(少なくとも科学的には)聞こえているわけではありませんが、「最期に伝えられた」と遺族が感じるのが大切。伝えられなかった思いを残せば、それは悔いとなってしまうでしょう。

今回のまとめ

慣習として行われる葬儀ですが、その本質は「残された者がこれからも生きていくために必要な儀式」であると考えられるのではないでしょうか。悲しみに暮れる心を静かに日常のレールの上へと引き戻す役割を担っているともいえるでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求