宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

その他

海外で亡くなったらどうなる?搬送方法を解説いたします

海外旅行や海外留学に行く人が年々増えていくここ数年で、年間500人以上もの方々が海外で亡くなられています。死因の多くは、病気やケガであり、決して他人事ではない世の中でしょう。
考えたくもない話ですが、今後身内や友達が海外で亡くなられた場合、一体どうしたら良いのでしょうか。手続きや搬送方法などについても解説していきます。

【目次】
1.身内が海外で亡くなった場合は?
2.海外で亡くなった場合の手続きと必要なものは?
3.遺体を日本に搬送する方法
4.今回のまとめ

身内が海外で亡くなった場合は?

まず人が亡くなり日本人だと確認されたら、現地周辺の病院や警察から日本大使館や総領事館(在外公館)へ連絡が入ります。
その後、在外公館を通して外務省から日本の家族のもとへ死亡連絡が入ります。
それから遺族の方は、現地に向かわなければなりません。
パスポートを持ってない場合は緊急で発給してもらう必要があります。
困ったことがあった場合は一度外務省の窓口などに問い合わせてみると良いでしょう。

海外で亡くなった場合の手続きと必要なものは?

海外(2)
身内が海外で亡くなってしまった時は、まず遺族が現地で手続きを行うために、必要な書類などを集めます。
この手続きは遺体を日本に移送して、死亡届を出すための重要な手続きです。ここではその手続きに必要な物をご紹介いたします。

手続きに必要な持ち物

死亡診断書

死亡診断書は現地の医師からもらいます。
遺体を空輸するときや日本で埋葬をする際に必ず必要になってきます。
事故死や自殺などの死因によっては、死体検案書も用意する必要があります。

防腐証明書

遺体は空輸されるため、現地から日本が遠い場合ドライアイスは安全面上、使用できません。
そのため、防腐処置(エンバーミング)を行います。防腐処置は資格を持っているエンバーマーが行うためその際の証明書が必要になります。

火葬許可証・埋葬許可書

亡くなった現地で火葬する場合は火葬許可証が必要です。
しかし、埋葬許可証はどこで火葬したとしても日本で埋葬する際には必要になりますので貰い忘れないようにしましょう。

遺体を日本に搬送する方法

亡くなってしまった後、病院では長い時間安置してもらえないため、保管場所に移します。
そして現地で死亡後の手続きが完了したら、故人の帰国(搬送)の準備をします。
搬送は基本的に航空貨物を使って運ばれますが、遺体を空輸するためには、ドライアイスを使用してしまうと気圧の問題で飛行機に搭載することができませんので防腐処置(エンバーミング)が必要です。
防腐処置とは簡単に言えばその名のとおり、遺体が腐るのを防ぐ処置を行うことです。
なお、移送する際の納棺梱包であったり航空運輸の手続きなどは在外公館で依頼できます。
しかし、遺族の飛行機の手配などは自分たちで行わなければなりませんので注意しましょう。

今回のまとめ

考えたくもない話ではありますが、海外旅行や海外留学に行った先で何が起こるかはわかりません。
現地でのトラブルやもしものことがあったときは相談に乗ってくれますので在外公館に問い合わせすることをおすすめします。
そのため、自分や身内が海外に行く際はあらかじめ在外公館の連絡先を調べておくとよいでしょう。

【関連記事】
葬儀を行わずに火葬だけで済ますことは可能?

電話をかける(無料) 資料請求