宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

その他

沖縄県宮古島市における葬儀の特徴や風習の解説

宮古島は、沖縄本島よりさらに南西の海上にある地域です。宮古列島に連なり、6つの島から形成されています。美しい海に囲まれ、観光地として人気の地域でもあります。今回は、そんな宮古島市における葬儀の特徴について解説いたします。また、宮古島市の文化などもご紹介しております。ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
1.宮古島市とは
2.宮古島市の文化
3.宮古島市の葬儀の特徴
4.宮古島市での葬儀は「お坊さんのいないお葬式」
5.今回のまとめ

宮古島市とは

沖縄県宮古島市における葬儀の特徴や風習の解説
宮古島市は沖縄本島南西の海上に位置し、宮古列島に連なる地域です。宮古島・池間島・大神島・来間島・伊良部島・下地島の6つ島からなり、人口は約5万人を擁しています。なお、各島は大神島を除いて橋で繋がれており、地形は全体的に平坦となっています。地域の産業では、農業・水産業のほか観光業や酒造が賑わい、中でも農業ではマンゴーやドラゴンフルーツなどのトロピカルフルーツの栽培、水産業ではもずくや海ぶどうの養殖が盛んです。交通機関には宮古空港・下地島空港といった地方管理空港があり、主要道路には国道390号などが設けられております。そのほか、地域の気候は亜熱帯海洋性気候に該当し、年間を通して温暖湿潤となるのが特徴です。
そんな宮古島市には、東平安名岬・通り池などの観光スポットが存在します。東平安名岬は、宮古島南東端にある細長く伸びた岬です。サンゴ礁の石灰岩で形成された半島で、岬からは透き通った海と空を望む絶景が見られます。国の名勝に指定されており、地域を代表する観光スポットとなっています。通り池は、下地島西部に見られる二つの円形の池です。池といっても池底は海と繋がっており、海水によって作られております。その点から、池と海を行き来するダイビングスポットとして定評があります。
また、池の周囲にはカルスト地形が見られ、それらの観賞も人気です。なお、通り池は国の名勝および天然記念物に指定されています。

宮古島市の文化

沖縄県宮古島市における葬儀の特徴や風習の解説
宮古島市には、宮古島夏まつり・島尻のパーントゥといった恒例イベントも存在します。宮古島夏まつりは、毎年7月下旬に宮古島市の市場通りなどで開かれる一大イベントです。大綱引きや駅伝競走が開かれるほか、ダンスや音楽演奏といったステージイベントも盛大に行われます。多くの露店も立ち並び、年々子供から大人までが集まり賑わいます。島尻のパーントゥは、毎年10月上旬に平良島尻地区で行われる伝統行事です。島で言い伝えられる厄払いの神パーントゥになりきった3人の大人が地区内を彷徨い、出会った人々や家屋に泥を塗ります。パーントゥに泥を塗られることで、無病息災や厄払いのご利益が授かれるとされています。なお、パーントゥは重要無形民俗文化財に指定されております。

宮古島市の葬儀の特徴

宮古島市の特色に触れてきましたが、葬儀にはどのような特徴が見られるのでしょうか?続いては、宮古島市の葬儀の風習について解説します。

香典金額が一律の場合がある

宮古島市および沖縄県の葬儀では、香典金額が一律に決められている場合があります。沖縄では、葬儀のほかにも多くの法要が営まれるため、手間を省く意味で一律に定めることがあるようです。なお、香典金額の相場は、一般の参列者の場合は1,000〜3,000円、親族の場合は3,000〜1万円となります。

葬儀当日に納骨する

沖縄県の葬儀には、当日に納骨を行うという特徴も見られます。沖縄では前火葬の形式が主流であり、葬儀を営む前に火葬を済ませるのが一般的となります。そのため、葬儀では故人はすでに骨壷に収められており、すぐに納骨ができる状態となっているのです。なお、納骨の翌日にはお墓参りも行われます。

宮古島市での葬儀は「お坊さんのいないお葬式」

なお、お坊さんのいないお葬式では、宗教形式であることにこだわっていない方に向けて、新しい葬儀のカタチ「想送式」を提供しています。想送式は、お経を読み上げたり戒名をつけるといった宗教儀式は行わず、ご参列の皆さまの想いで故人様を送る「想送の儀」をはじめ、故人様との思い出の手紙を読み上げたり思い出のムービーを流したりと、想い想いの葬儀内容を自由に選択し、こだわりあふれる葬儀で、大切な人との最後の時間を自由にお過ごしいただくことができます。
また、宗教儀式を行うことがないため、宗教者への礼金も発生しません。宮古島市での葬儀をお考えの方は、ぜひお坊さんのいないお葬式にお任せください。

今回のまとめ

今回は、宮古島市の葬儀の特徴について解説しました。宮古島市は宮古列島に連なる地域で、東平安名岬・通り池などの観光スポットや、宮古島夏まつり・島尻のパーントゥといった文化を持つ地域でした。そんな宮古島市および沖縄県の葬儀には、香典金額が一律の場合がある・葬儀当日に納骨をするという特徴が見られました。宮古島市独自の葬儀の風習は確認できませんでしたが、沖縄県としては特徴的な文化がありました。沖縄県には、まだまだ独自の文化が存在します。興味のある方は、より詳細に調べてみてください。

サービス終了しました 資料請求