宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「コラム」ページ

コラム

その他

沖縄県うるま市における葬儀の特徴や風習の解説

うるま市は、沖縄本島の中間に位置する地域です。沖縄市・金武町・恩納村に隣接し、二つの湾に面しております。また、多くの人口を擁し、県内上位の人口規模を誇る特徴を持ちます。今回は、そんなうるま市の葬儀の特徴に焦点を当てて解説いたします。ほかにも、うるま市の地域の文化などもご紹介しております。ぜひ最後までご覧ください。

【目次】
1.うるま市とは
2.うるま市の文化
3.うるま市の葬儀の特徴
4.うるま市での葬儀は「お坊さんのいないお葬式」
5.今回のまとめ

うるま市とは

沖縄県うるま市における葬儀の特徴や風習の解説
うるま市は沖縄本島中央に位置し、沖縄市・金武町・恩納村に隣接する地域です。面積約87k㎡・人口約12万人を占め、県内第3位の人口規模を誇っております。金武湾と中城湾の2つの湾に面しており、伊計島や宮城島をはじめとする8つの島も有しております。全体的に市街地の多い地勢となりますが、北部の金武町との境には標高約200mの石川岳が見られます。また、地域には米軍基地と自衛隊基地が存在し、うるま市全体の約8%を占めているのも特徴的です。産業では商工業が盛んとなるほか、農業・畜産業・水産業といった第一次産業も行われており、農業では野菜とメロン・ミカン・スイカなどの果物の栽培、畜産業では養豚や肉用牛生産、漁業ではもずくの養殖が盛んとなります。交通機関としては、地域に鉄道はなく路線バスが主流であり、主要道路には沖縄自動車道や国道329号が設けられています。そのほか、地域の気候は亜熱帯海洋性気候に属し、冬でも平均気温が約17度と過ごしやすいのが特徴です。
そんなうるま市には、勝連城跡・海中道路などの観光スポットが存在します。勝連城跡は、かつて勝連半島にあった城です。14世紀初期に英祖王統に築かれたとされる城で、阿麻和利が居城としたことで知られております。
なお、現在の勝連城跡は、琉球王国のグスクおよび関連遺産群の一つとして、首里城跡とともに世界遺産に登録されております。海中道路は、勝連半島と平安座島を結ぶ道路です。両岸をエメラルドグリーンの美しい海に囲まれた道路であり、絶景を望みながらのドライブを楽しむことができます。

うるま市の文化

沖縄県うるま市における葬儀の特徴や風習の解説
うるま市には、平敷屋エイサーの夕べ・うるま祭りといった伝統文化も存在します。平敷屋エイサーの夕べは、毎年8月中旬に浦ヶ浜公園にて開かれる行事です。100年以上もの古い歴史を持つ伝統的な行事であり、当日は思い思いの衣装に身を包んだ団体による迫力あるエイサーが披露されます。うるま祭りは、毎年10月中旬に総合公園で開かれるイベントです。地域の伝統芸能や音楽ライブが行われ、会場には多くの屋台も出店します。ほかにも、牛同士を対決させる独自の闘牛イベントも見られます。

うるま市の葬儀の特徴

うるま市には様々な特色がありましたが、葬儀にはどのような特徴が存在するのでしょうか?続いては、うるま市の葬儀の風習について解説します。

新聞に訃報を載せる

うるま市および沖縄県では、葬儀を営む際に新聞に訃報を載せることがあるようです。沖縄の地元紙には、一般の人の訃報を載せる専用の広告枠が存在するのです。なお、訃報広告には、故人と遺族の名前はもちろん葬儀の会場や日時なども入れられ、より多くの人を葬儀に招くことができます。

独特なお墓に納骨する

沖縄県では、納骨するお墓が独特という特徴もあります。本土ならば、家族で入るお墓といえば段状になった和型のお墓が基本となりますが、沖縄では亀の甲羅を模した「亀甲墓」・破風屋根の家屋を模した「破風墓」が一般的になります。なお、いずれのお墓も本土のものと比べ相当大きくなります。

うるま市での葬儀は「お坊さんのいないお葬式」

なお、お坊さんのいないお葬式では、宗教形式であることにこだわっていない方に向けて、新しい葬儀のカタチ「想送式」を提供しています。想送式は、お経を読み上げたり戒名をつけるといった宗教儀式は行わず、ご参列の皆さまの想いで故人様を送る「想送の儀」をはじめ、故人様との思い出の手紙を読み上げたり思い出のムービーを流したりと、想い想いの葬儀内容を自由に選択し、こだわりあふれる葬儀で、大切な人との最後の時間を自由にお過ごしいただくことができます。
また、宗教儀式を行うことがないため、宗教者への礼金も発生しません。うるま市での葬儀をお考えの方は、ぜひお坊さんのいないお葬式にお任せください。

今回のまとめ

今回は、うるま市の葬儀の特徴について解説しました。うるま市は沖縄本島の中央に位置し、勝連城跡・海中道路などの観光スポットや、平敷屋エイサーの夕べ・うるま祭りといった文化を持つ地域でした。そんなうるま市および沖縄県の葬儀には、新聞に訃報を載せる・独特なお墓に納骨するという特徴が見られました。沖縄県の葬儀に様々な文化が見られたように、ほかの都道府県にも独自の風習が存在します。葬儀はどの地域で営まれるか分からないものです。いざという時に文化の違いに戸惑わないよう、身近な地域の風習は押さえておくようにしましょう。

サービス終了しました 資料請求